ヘアカットの日に丸顔でも似合うショートにヘアカットしましょう - ヘアカットの日 2018年4月5日 -

-AD-

ヘアカットの日にヘアカットしてみよう

髪を切るというのは、何かきっかけがないと、なかなか実行に移せないものです。とくにロングからショートになるなどは、思い切った決断が必要です。

そんなときは、ヘアカットの日にあやかってバッサリとヘアカットしてみるのもいいかもしれません。

ショートというと、美人じゃないと、丸顔では似合わない、と思われがちですが、しっかりとカウンセリングを受けて似合うシルエットを発見することで、うまく欠点を隠したチャーミングな髪型になることができます。

丸顔にも似合う髪形がそれぞれありますので、自分がどのタイプの丸顔なのかをしっかりと認識して似合う髪形を見つけましょう。

特にショートは難しいチョイスですが、軽くて扱いも簡単、アレンジも効いて生き生きとした印象になれます。ぜひチャレンジしてみましょう。

ヘアカットの日にサロンで考える似合う髪形

丸顔にショートが似合わないと思われがちなのは、ショートが丸いシルエットを強調してさらに丸顔に見せるためです。丸顔には一般に、縦のラインを強調した髪型がよいとされています。

しかし、今のヘアカットの技術は高く、髪型のバリエーションも多様にあるので、必ず似合う髪形が見つかるはずです。ヘアカットの日にサロンへ行って早速カウンセリングを受けてみましょう。

好みの髪型を伝えるのも大事ですが、なりたいイメージや悩みを美容師さんに伝えることはとても有意義なことです。

第三者の目、しかもプロの目で見た的確なアドバイスはぜひ受け入れてください。ヘアカットは、信頼のおけるセンスのいい美容師を見つけることが最も重要です。

丸顔に似合うショートのシルエット

丸いシルエットを強調しないショートにはいくつか鉄則があり、その一つが、美人の髪型と言われる最強のシルエットであるひし形を作ることにあります。

耳のあたりにボリュームを持ってきて、あごのラインでしぼんでいくひし形をヘアカットで作り出すことで、あごがシャープに見えて小顔効果もアップします。

また、丸顔の場合は、トップにボリュームを出して長さを出すこともポイントです。

ヘアカットの日には思い切って髪を短くしてみたくなりますが、ベリーショートだけは丸顔をさらに強調する結果になってしまいますので気をつけましょう。

少し長さのあるショートボブが、女性らしさや小顔効果も効いてくるのでおすすめです。

丸顔はフェイスラインを囲む

ヘアカットの過程で悩むのが前髪の存在です。前髪も顔の形によって、似合う似合わないがあるものですが、丸顔の場合に避けたいのは厚めのぱっつんと言われています。

特に顔の大きいタイプでは、余計に顔が大きいことが強調されてしまいます。丸顔におすすめの前髪は長めで横に流す、またはあえて前髪は作らないというチョイスもあります。

前髪の生え際から、自然にフェイスラインを隠すことができると小顔に見えます。キュートな顔立ちならば、ぱっつんでも触角というサイドの毛束を長めに残してほほにかかるようにセットすれば、ショートでも女性らしさと小顔効果を同時にかなえてくれます。

ヘアカットの日には前髪だけでもヘアカットに行くのもありです。

ヘアカットの日にはヘアカット+αを

ヘアカットの日にヘアカットをするなら、ぜひトリートメントも一緒にオーダーしてください。ヘアカットの日だから特別に、という訳ではありません。

ヘアカットというと髪型ばかりに気を取られてしまいがちですが、実は髪質そのものも見た目の印象を大きく変える要素です。パサついたり、傷んでいる髪は見た目年齢を大きく上げて、顔のシャープさも損ないます。

全体を引き締めたい丸顔には、致命的なダメージになりますので、ヘアカットの日にはぜひ少し贅沢なトリートメントで、髪の輝きを取り戻してください。

健康な髪は、女性の美しさを引き立てます。ヘアカットの日には髪のトータルケアを目指して、ぜひサロンへ足を運んでみてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう