ヘアカットの日と女性のセルフヘアカットとショートヘアについて - ヘアカットの日 2018年4月5日 -

-AD-

4月5日はヘアカットの日

4月5日はヘアカットの日です。ヘアカットの日だからといって、この日に無理にヘアカットをする必要はありませんが、ヘアカットについて考えてみる事はおすすめです。

女性の場合、ヘアカットといえば美容室で行うものというイメージを持つ人も多いでしょう。ですが、現在は女性であっても自宅でできるセルフヘアカットを取り入れるという人も出てきています。

自宅で髪の毛を切るといえば、前髪を揃える程度しかできないのではないかと考える人も多いでしょう。ですが、人によってはショートヘアにする等、自宅で様々な髪型にする人もいます。

ヘアカットの日には、こうした女性でもできるセルフヘアカットについて考えてみる事もおすすめです。

揃えておきたい道具について

ヘアカットの日を機に、セルフヘアカットを始めてみたいと考えたら、揃えておきたいのが道具です。

ショートヘアにする事を考えているのであれば、カットバサミの他にスキバサミがセットになった散髪バサミセットを用意しておく事がおすすめです。

スキバサミがあれば、女性でもとても自然なショートヘアを作りやすくなります。さらに、散髪用のマントがあればカットしやすくなります。

セルフヘアカットを考えているのであれば、腕が出るタイプのマントが便利です。クシや髪の毛を留める為のクリップ等、必要に応じて揃えておくと良いでしょう。

カットの為の道具が揃っていれば、女性でも手軽にセルフヘアカットを始める事ができます。

最初は前髪から始める

ヘアカットの日を機にセルフヘアカットに挑戦したい、ショートヘアに挑戦したいと考えるのであれば、最初はまず前髪から始める事がおすすめです。

いきなり後ろの髪の毛をカットするというのは緊張をします。ですが、鏡を見て切りやすい前髪であれば無理なくカットが可能です。

まずは、通常のカットバサミで長さを切りそろえ、そしてスキバサミを使ってみれば、その使い方や効果を理解する事ができます。

前髪が綺麗に揃ったら、サイドの毛をカットバサミを使って切りそろえたい長さにして、スキバサミを使って量を調整していきます。

そして、もう一度カットバサミに持ち替え、毛先の長さや形を整えていくと、綺麗に仕上がります。

後ろ髪をカットするのは

ヘアカットの日を機に、女性でもできるセルフヘアカットの中でも、ショートヘアにしたいと考えた時に、後ろ髪を切れるかどうかで悩む人は少なくありません。

ヘアカットの日というのであれば、美容室で綺麗にカットして貰いたいと考える女性も多いでしょう。ですが、後ろの髪の毛は左右と真ん中の3つに分けて切れば、綺麗に切り揃えていく事ができます。

片側1/3をカットしたら反対側も同じようにカット、最後は真後ろをカットしていけば、長さは揃います。その状態で、表面の毛を数回に分けて切り揃え、スキバサミを使って自然な状態にしていきます。

セルフヘアカットでショートヘアは難しいと考える人は少なくありませんが、いくつかのパーツに分け、カットして揃えるを繰り返せば、セルフヘアカットでも手軽にショートヘアにしていく事ができます。

ヘアカットの日に考えるセルフヘアカット

女性の場合、セルフヘアカットでは綺麗なショートヘアに仕上がらないのではないか、美容室に行った方が良いのではないかと考える人は少なくありませんが、慣れてくるとセルフヘアカットでも手軽に綺麗なショートヘアに仕上げていく人は少なくありません。

女性であっても、セルフヘアカットの為の道具を揃えておく、ショートヘアにする為のセルフヘアカットの方法を身につけておくと、美容室に行った後、少し伸びてきた髪の毛が気になる時等、手軽に毛先を揃える事ができるようになります。

女性の場合、髪の毛は美容室で切る方が良いと考える人が多くなりますが、ヘアカットの日には、セルフヘアカットについても考えてみる事がおすすめです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう