ヘアカットの日にちなんで男の子の赤ちゃんのヘアカットに挑戦してみよう - ヘアカットの日 2018年4月5日 -

-AD-

ヘアカットの日に初めてのセルフカット

ヘアカットの日には、赤ちゃんの初めてのヘアカットに挑戦してみてはいかがでしょうか。

女の子ならば伸びていても問題ないことが多いですが、男の子の場合は、スッキリときれいに切りそろえてあげた方が、清潔感があってやはり男の子らしくなります。

もちろん、ヘアカット以外の日でも好きな時にヘアカットができるのが、セルフカットの最もうれしいポイントです。さらに、道具さえそろえてしまえば費用も掛からないのが大きなメリットです。

慣れてくれば、家族みんなのヘアカットができるようになりますので、大きな節約効果も期待できます。ヘアカットの日に赤ちゃんの初めての髪を切れば思い出にもなりますし、成長も感じられる記念にもなります。

男の子のヘアカットで用意するもの

男の子のヘアカットで用意する道具は、ヘアカット用のはさみ、コームが基本になります。男の子の場合は、バリカンがあると便利です。襟足などを刈り上げたり、万が一失敗したときには、最終手段で5分刈りにもできます。

お父さんの髪を散髪するときにも、一役買ってくれます。ヘアカットの日を機に、これからセルフカットをしていこうと思うお母さんは、ぜひそろえておくことをおすすめします。

また、まだ小さい赤ちゃんのためには、先のとがっていないハサミを選ぶようにしてください。髪の量が多い子の場合には、スキバサミがあるとよいでしょう。簡単に髪の毛のボリュームが抑えられます。

道具がそろえば、いつでも好きな時にヘアカットができるようになります。

ヘアカットの日にやっておくこと

赤ちゃんの場合、髪の量に個人差があり、多い子、少ない子、がいるものです。ヘアカットの日には、どこをどう切ってどんなヘアスタイルになるのか、完成形をイメージしておきましょう。やみくもに切っていくと、取り返しのつかないことになるのでご注意を。

特に前髪は、まっすぐにハサミを入れてしまうと面白い髪形になってしまう、といったことがよくあります。男の子の襟足や耳周りの処理も、髪の長い女性にはイメージしにくいものです。

雑誌や友達などのヘアスタイルをよく観察して、どんなカットの方法をしたらよいか考えておきます。ヘアカットの日には、迷いなくハサミを入れていけるようにすると、失敗なく思い通りの髪形が作れます。イメージトレーニングはとても大事です。

ヘアカットの日にいよいよ赤ちゃんの初散髪

赤ちゃんの機嫌のいい時間を選んで、ヘアカットをしていきましょう。いすに座らせて、お気に入りのテレビなどを見せて、気がまぎれるようにします。

ケープやビニール袋などを肩にかけて、髪の毛の飛び散りを防ぎます。毛量の多い赤ちゃんは、あらかじめ髪の毛を濡らしておくとよいでしょう。カットの後にお風呂に入るようにすると、髪の毛でチクチクしないのでおすすめです。

左手の中指と人差し指で切りたい髪の毛を挟んで、ハサミと頭が平行になるように少しずつカットしていきます。男の子の襟足はバリカンで、耳周辺は特に気を付けてハサミを動かしましょう。

前髪は、男の子の場合短めの方がスッキリみえます。この時はハサミを縦に入れて、自然なジグザグになるように切っていきます。

ヘアカットの日に赤ちゃんとヘアサロン

ヘアカットの日に勢い勇んでヘアカットに挑戦したものの、つい切りすぎた、失敗した、ということもよくあることです。ただ、男の子の赤ちゃんの場合は、多少切りすぎても問題なく、いっそのことバリカンで刈り上げるといったことも可能です。

不器用で自分には自信がないという時には、赤ちゃんを連れてヘアサロンに行くこともできます。赤ちゃんの月齢にもよりますが、自分で座れるようになっていて、お母さんの付き添いがあれば可能です。

子供専用のヘアサロンも最近では出てきています。男の子は、これから先も定期的にヘアカットが必要になりますので、近くに顔見知りのサロンを見つけておくものいいかもしれません。

ヘアカットの日なら、ちょっとしたサービスを行ってくれるサロンもあるかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう