1人暮らしで使うベッドのおすすめはこれだ - ベッドの日 2019年9月3日 -

1人暮らしをする場合には、ワンルームなど広さに制限があることがほとんどです。部屋の中でベッドの占める割合がとても大きくなります。
そんな1人暮らしの空間にぴったりなおすすめベッドがあります。

-AD-

1人暮らしの部屋で快適な睡眠をとるには

1人暮らしをしている時には、自分の健康管理をしてくれるのは自分以外に誰もいません。食事はきちんととれているか、睡眠はきちんととれているか、そういった注意をしてくれる人がいない中で、自分自身でしっかりと生活を整えていかなくてはいけません。生活の大きな柱になる睡眠は、ベッド選びが重要です。

睡眠がきちんととれていないと健康を損なうことがあります。たかがベッドと思うかもしれませんが、一日の3分の1から4分の1を過ごす場所です。しっかりと心地よい睡眠をとるために、自分に合ったベッドを選ぶようにしましょう。1人暮らしの場合には空間の制限があることが多いので、睡眠以外の役割もしてくれるベッドを使うと空間の有効活用ができます。

ベッドと布団どっちにする?

まず、寝るところというと、ベッドにするか布団にするかという選択から始めなくてはいけません。日本では昔から布団で寝る習慣がありましたが、最近ではベッドを愛用する人が増えてきました。

布団は使っていない時に収納してしまえば、空間を使えるというメリットがありますが、いまの日本社会では布団をしまうスペースが足りていないことのほうが多いのが現状です。収納できなければ出しっぱなしになりますが、布団の出しっぱなしは見た目の問題があります。ベッドは、一度設置してしまうとスペースをとりますが、出しっぱなしでも大丈夫だというメリットがあります。どちらにも良さがあるので、住む場所の条件によって選ぶといいでしょう。

1人暮らしの部屋には、多機能ベッドがおすすめ

1人暮らしで最も困ることのひとつに、収納の少なさがあります。その問題を解消してくれる収納付きベッドがおすすめです。ベッド下はかなりの容量があり、季節外のものなどをしまうのに向いています。また、空間の高さを使うロフトベッドも狭い部屋にはおすすめです。高さを高くすることで、ベッド下の空間を生活で使えるようになります。

ベッドとしてもソファとしても使える足付きマットレスも1人暮らしに向いています。夜はベッドとして使い、昼間はソファ代わりに使えます。ソファ代わりに使えるのに、寝心地も悪くありません。このように、寝るだけでなくいくつかの役割を兼任できるようなベッドが1人暮らしにはおすすめです。

おすすめショップはこちら

ベッドを選ぶ時にはできるだけ直接見て選びたいという方には、全国に店舗数が多いニトリがおすすめです。ベッドの商品数が多く、値段もお手頃で1人暮らしには向いています。また、ネットで注文できるので、現物を実店舗で見てから、ネットで注文して届けてもらうこともできます。

もうひとつおすすめなのが、ベルメゾンです。こういうのが欲しかった、という消費者目線の商品が多く、ひと工夫してあるものが多く揃っています。デザインも豊富にあるので、見た目を重視する方にもおすすめです。カタログを取り寄せてゆっくりと選んでもいいし、ネットで口コミを見ながら選ぶ方法もおすすめです。どちらも品揃えがいいので、お好みのものが見つかると思います。

ベッド選びはとても大切

1人暮らしの生活空間は、ぐるりと家全体が見渡せてしまうほどの狭い空間であることがほとんどです。そうすると、家にいる時には、常にベッドが視界に入るようになります。また、夜だけでなく日中もソファ代わりにつかうこともあるでしょう。1人暮らしでは、生活の中でベッドの占める割合が大きくなります。そのため寝心地だけでなく他の機能も優れているベッドを選ぶことが重要です。

1人暮らしでは、空間の狭さや収納の少なさという問題がでてくることが多いので、その問題を手助けしてくれるベッドを選ぶことをおすすめします。自分に合ったベッドで寝心地の良い快適な睡眠をとりながらも、睡眠以外の働きもしてくれるベッドが選べると1人暮らしが楽しくなるでしょう。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう