おすすめのベッドメーカーはこれだ - ベッドの日 2018年9月3日 -

ベッド選びの基準はいくつかありますが、そのひとつにメーカーで決めるという方法があります。
それぞれに特徴があるので、自分に合ったメーカーのベッドを選ぶという方法もおすすめです。

-AD-

ベッド選びの経験値をあげよう

ベッドを選び始めて、まず驚くことが、こんなにもたくさんのベッドメーカーがあるということです。見れば見るほど、たくさんのベッドがあるということに気づくと思います。多すぎてわけがわからなくなりそうですが、それでも、何も知らずにベッドを購入するのは失敗のもとですから、とにかくたくさんのベッドを見ておくことをおすすめします。

見ているうちに、ベッドに対する知識が増え、ベッドをどのような基準で選べばよいかも、なんとなくわかってくると思います。そういった経験値をあげることがベッド選びを成功させるためには重要です。気になる点や、良いと思ったところがあった場合には、簡単にメモをとっておくと、後で役に立ちます。

おすすめのベッドメーカー①

おすすめベッドメーカー①はシモンズです。とても有名なメーカーですね。有名ということは、それだけ使っている人が多いということですから、安心のもとになります。シモンズは1870年に創始されたアメリカの老舗ブランドです。特徴は、高品質・高級で、お値段も高級です。

シモンズは現在主流の「ポケットコイルマットレス」を最初に作り出したことで有名です。コイルスプリングを一つ一つ不織布で包み体を点で支える構造を考え出しました。そして常に理想的な寝姿勢を保つことに成功したのです。価格も高級だと言いましたが、マットレスだけでも何十万としますし、フレームとセットだと100万クラスのベッドもあります。長く使い続ける人に向いています。

おすすめベッドメーカー②

おすすめのベッドメーカー②はシーリーです。シモンズほど有名ではありませんが、アメリカのブランド30年もの間、米シェア1位を守り続ける人気があります。

1881年創始で歴史があります。2012年よりラインナップを日本規格サイズに統一しました。シモンズがポケットコイルなのに対し、シーリーは「連結コイル」タイプというものを採用しています。連結コイルはふわふわしていて、柔らかい寝心地が特徴です。とても良い夢が見れそうな気持ち良さです。価格帯はシモンズよりも低めですが、10万円台後半から30万円台あたりですので、やはり高級な部類に入ります。柔らかくふわふわな寝心地がお好みの方におすすめです。

おすすめベッドメーカー③

おすすめベッドメーカー③はサータです。サータは、シモンズ・シーリーと並ぶビッグ3で、頭文字をとって「3S」と呼ばれることもあります。

全米ホテルでの、ベッドシェアNo1の実績があり、難燃仕様の「FIREBLOCKER(ファイヤーブロッカー)」を標準装備しています。ホテルで使われているというのがポイントです。ホテルでは、快適なベッドが人気を左右するので、そのホテル業界で選ばれているというのは、品質が良い証拠です。シモンズほどではありませんが、基本的には高級路線のブランドで、デザインも重厚な雰囲気。ホテル使いにぴったりな雰囲気です。20~40万円あたりが主流で、70万円クラスのベッドもあります。

ベッド選びはメーカーの特徴を知ろう

ベッドはメーカーによって大きな差があることがわかります。ベッドに求めるものが人それぞれで、多様化してきていることも関係しているのでしょう。今の時代は、ベッドは横になって寝られれば良い、というだけのものではありません、気持ち良く快適に眠ることができなければいけないものになってきています。

おすすめしたメーカーは、どれも実績があるメーカーで、長く使うことができるメーカーばかりです。せっかく選んだベッドを長く大切に使ってほしいという思いがあるからこそ、メーカーも長く使えるしっかりとしたつくりのベッドを売り出しているのだと思います。愛着のあるベッドを長く大切に使う、そんなベッド生活をおすすめします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう