ホワイトデーのお返しは何を贈ればいいのか - ホワイトデー 2018年3月14日 -

-AD-

ホワイトデーのお返しは男としてのマスト

本命で貰ったチョコは勿論のこと、義理で貰ったチョコにもお返しは必要になります。例え口ではいらないと言っても、実際に何も返さないと次の日から悪評が立ってしまうこともあります。学生とか社会人とか一切の肩書は抜きにしてバレンタインに女性からチョコを貰った男性は、ホワイトデーに必ずお返しをしなければいけません。

実利的な意味でも義理を果たす意味でも、あるいは好きな人に気持ちを伝えたいという意味であっても、それを形にすることが現代社会では重要になります。感謝の言葉で喜んでくれる女性もいますが、誠意とは形ある行為や物によって伝わる側面も多分にあります。少し手間は掛かるしお金も掛かると考えがちですが、まずホワイトデーに男性はお返しをするということが重要になります。

定番の贈り物とその意味について

それでは、お返しはどのような物を選べば良いのでしょうか。何気なくオシャレに見えるという理由でマシュマロを贈ったりすると、人によっては痛い目を見ることがあります。定番品の意味を一度確認します。

まず、オシャレに見えるマシュマロです。優しい肌触りから良い意味を連想するかもしれませんが、認知されている意味は「貴女の事を恋愛対象として見れません」になります。

次に昔からの定番のクッキーは「良い友達でいましょう」です。定番品の最後のキャンディは「貴女が好きです」という意味の贈答になります。良いなと思っている子に軽い気持ちでマシュマロを贈ったら、次の日から距離ができたということも往々にしてあります。

贈り物全般に言えることですが、自分の込めた意味を相手が正しく受け取ってくれるとは限りません。

自分の気持ちを適切に伝えることが大事

既に述べたように、女性はお返しの社会的な意味を男性以上に過剰に読みこむことがあります。

そうであるならば贈る品自体が持っているメッセージを適切に把握して、相手にお返しをすることが重要になります。好きな子にはキャンディを、仲よくいたいと感じている方にはクッキーを、距離を取りたい人にはマシュマロを贈ってあげる必要があります。

どうしても意味の違うものを贈りたい時には、お菓子以外の物を贈る時にも言えますが、メッセージカードを入れたり、渡す時に一言添えて、誤解を与えないようにしてあげることが重要になります。

ブランド物を選んだり、格好良く決める前の段階で伝えたい思いを適切に表現することを模索することが重要です。お返しが出来るということは、相手からも大事に思われているということの裏返しですので、しっかりと考え相手を喜ばせてあげることで人間関係も上手く回ります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう