義理チョコのお礼をする日であるホワイトデー - ホワイトデー 2018年3月14日 -

-AD-

会社ではお礼は必須です

バレンタインデーの日、多くの女子社員が男性社員にチョコレートを配ってくれます。もちろん、これには恋愛感情などありません。

バレンタインデーという日を利用し、男性社員に日頃の感謝をする意味を込めていたり、男性社員との円滑なコミュニケーションのために配ったりしてくれているのです。従ってバレンタインデーにもらった分、ホワイトデーにそのお礼をすることは欠かせないものです。男性社員としては女性社員からもらったままでは気も引けるものですので、きちんと義理チョコのお礼をしておくことがベターなのです。

尚、個々でお返しをすることが面倒な場合、男性社員一同から女性社員一同へといった形でまとめてお返しをする形も悪くありません。いずれにせよ、お返しをするという姿勢が大事なのです。

恋愛対象である女性へのお返しについて

バレンタインデーに女性が義理チョコという認識で渡したにもかかわらず、もらった方は非常に嬉しいシチュエーションというのがあるものです。それはその女性に好意を抱いている男性です。

こういった場合、ホワイトデーのお返しという場を絶好のお近づきの場にしたいものです。バレンタインデーでもらったチョコレートの値段をネットで調べ、それよりも少々高額なお返しをすることも悪くありません。そういったお返しをもらうと相手の女性の印象に残りますし、簡単なメッセージを添えておくと好感度も上がります。それを機会に会話をするチャンスも出来るでしょうから、うまくいけば親密な仲になる可能性もあります。

そして1年後のバレンタインデーには義理でなく、本命チョコをもらえる存在に慣れれば最高です。

ホワイトデーのお返しの意味について

ホワイトデーでは、お返しの品物によって意味があるという説もあります。例えばクッキーを品物に選んだ場合、あなたのことは友達と思っているということだとされています。

深い意味はなく、クッキーは手軽なので、友チョコ感覚で渡せる事から出来た噂だとも言われています。また、味が甘くもなく種類も多いため、いろいろな人の中の一人でいて下さいという意味が込められていると話す人もいます。一方、キャンディをお返しすると、あなたのことが好きですという意味だという説があります。キャンディは甘く、口の中にも長い時間残っていることから、自分のこともずっと頭に残っていてほしいという意味が込められているとも言われています。

このようなホワイトデーのお返しの意味は占いが好きの女性が作り上げた噂かもしれませんが、聞くと以外に面白いものです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう