ホワイトデーのマシュマロにまつわるよもやま話 - ホワイトデー 2018年3月14日 -

-AD-

ホワイトデーにお菓子を贈るのはなぜ?

3月14日は、バレンタインデーにチョコレートをもらった男性が、何らかのお返しを女性に贈るホワイトデーです。バレンタインデーが盛んな欧米やヨーロッパでは、この日はほとんど浸透していません。アジア圏の数か国にだけ見られる風習のようです。

そもそもホワイトデーにお返しが贈られるようになったのは、昭和40年代くらいからと言われており、もともとはこの日にお返しをするお菓子を売り込もうとするお菓子メーカーの販促活動の一環でした。

正確な元祖ははっきりしていませんが、現在もメジャーなお返しとされているマシュマロやクッキー、キャンディーなどは、当時ホワイトデーを広報活動に組み入れたメーカーがお返し用の商品として売り出したものが、そのまま定着したような形になっているのです。

マシュマロが定番の理由

「人から何かを頂いたらお返しをするのが当然」という心が根付いている日本で、ホワイトデーがしっかりと根付いたのはそれほど不思議ではありませんよね。お菓子を頂いたのだから、お菓子でお返しをするというのも頷ける話です。

しかし、ほかのお菓子に比べて比較的長いあいだ「マシュマロ・クッキー・キャンディー」が隆盛を誇ってきたのはなぜかと言いますと、ホワイトデーが始まった黎明期に、これを積極的に売り出したメーカーが、現在でもメジャーなお返しであるお菓子を販促商品として起用したからなのです。

有名な老舗のお菓子屋さんや、大手お菓子メーカーが様々なキャッチコピーでマシュマロを宣伝したために、瞬く間に世間に広まってゆきました。白くて丸くてふわふわとした口当たりと、ほんのりとした優しい甘さを思えば、このお菓子が起用された理由も何となく理解できる気がします。

マシュマロは贈ってはいけない?

いつの頃からかホワイトデーに贈られるお菓子には、始まった当初にはなかった意味が付加されるようになりました。どこから始まったのかは全く定かではないのですが、マシュマロは「あなたが嫌い」という意味、クッキーは「友達」という意味などというもの。しかしこの日の起源を考えると、何か謂れがあるというよりは、もらう側の女性が面白おかしく作り上げた風説のようなものと推察することができます。

ホワイトデーの発祥と言われている老舗のお菓子屋さんからは「マシュマロ=嫌い」は嘘である、との反論がなされたこともあります。そもそもの始まりは「やさしさをマシュマロで包んでお返しする」という意図が込められていたということですから、やはり後付けの意味などは、それほど気にする必要はないと言えそうです。

ただ、そういった話を気にする女性にお返しをする場合は、説明が必要になるかも知れませんね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう