ホワイトデー - ホワイトデー 2018年3月14日 -

-AD-

ホワイトデー

ホワイトデーとは、日本でバレンタインデーが定着してきた時期に、お菓子業界がお返しをする日を作ってはどうかということで制定された日です。語源は全国飴菓子工業協同組合が1978年にキャンディを送る日として制定したことをきっかけに1980年からイベントやキャンペーンなどを展開するようになります。バレンタインデーのお返しという意味で記録に残っているのは、1973年にお菓子メーカーはチョコレートのお返しにキャンディやマシュマロを贈ろうという新聞の記事です。

現在のように3月14日にホワイトデーとなった理由としては、269年に兵士の自由結婚禁止政策に逆らって結婚をしようとした男女を救う為になくなってしまった司祭がなくなった2月14日から1ヶ月後の3月14日に男女が改めて永遠の愛を誓ったという事とされています。その為、由来だけで考えてみると、今から1800年近く前の出来事から由来がされているようです。ホワイトデーにそれほど深い意味が合ったことを知る人はあまりいないのではないでしょうか。

日本では、バレンタインデーについてはかなりかなり昔からお菓子業界が力を入れていることもあり盛んでした。お返しの日を制定したかったお菓子業界は、昭和40年代に入った頃に、各社で独自の日を定めて、ビスケットやマシュマロ、キャンディなどをお返しの贈り物として宣伝販売するようになります。現在記事などに残っている時期としては昭和50年代前半が多いこともあり、日本で盛んになりだした頃としては、1980年代前半と言えます。

ホワイトデーとは元々バレンタインデーに女性からチョコレートをもらった返礼として男性が女性にお返しをする日という認識だとは思いますが、バレンタインデーほど男性のほうに盛り上がりがあるわけではありません。そこで、最近のホワイトデーとしては、女性が日頃の苦労をねぎらう為に、自分で自分にご褒美として何かを買うというケースも増えてきています。また女性が女性に日頃の感謝を伝える日としての側面も持っているようです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう