男性の上司が喜んでくれそうなプレゼント - ボスの日 2019年10月16日 -

10月16日ボスの日には、部下から上司に対する感謝の気持ちを表現するために、何かプレゼントを贈ると良いでしょう。
その相手が男性の場合には、一般的に男性が喜びそうなものを選ぶと、失敗のリスクを避けることができます。

-AD-

ボスの日に上司にプレゼントを贈る

世の中には数多くの記念日が存在しており、その中には海外で誕生したため、日本ではあまり多くの人に知られているとは言えないものもたくさんあります。10月16日がボスの日だというのも、日本ではそれほど広まっているとは言えません。しかし、その日に部下から上司に対してプレゼントを贈ると、日頃お世話になっていることへの感謝の気持ちや、一緒に長い間働いていることで生まれた親愛の情を表現するいいきっかけになるでしょう。

そこで気になるのは、どういったプレゼントを贈ると、上司に喜んでもらえるのかという点です。それに関しては、当然個人の好みが関係して来るのではありますが、一般的に喜ばれるであろうプレゼントを贈るという方法も、失敗のリスクを避けるために役に立ちます。それではその上司が男性である場合に、喜ばれそうなプレゼントの例をいくつか挙げて行きましょう。

仕事で使えるおしゃれなプレゼントを選ぶ

ボスの日に男性の上司へ贈るプレゼントのおすすめとしてまず挙げられるのは、仕事で使える実用的なアイテム、しかもおしゃれな感じのするものです。上司と部下が関わるのは、当然仕事場が大部分なので、仕事で使えるアイテムはその関係性がよく表れたプレゼントになるでしょう。

また、男性は実用的なプレゼントを好む傾向があるので、その点からも仕事で使えるアイテムが良いと言えます。とは言え、ただ単に実用的なだけではプレゼントとしては味気ないので、おしゃれなものを選ぶ方が望ましいでしょう。そういったプレゼントの例としては、品質だけではなくデザイン性も高い文房具の高級品や、ブランド物の手帳カバーや名刺入れ、洗練された見た目の置き時計などがあります。

ファッションアイテム関連のプレゼントを選ぶ

実用的なプレゼントももちろんいいのですが、部下から上司に感謝の気持ちを込めて贈るという点を重視すると、何か記念になるものを選ぶというやり方も考えられます。そこで、仕事場や普段の生活の中で身に付けられるような、おしゃれだけれど高級過ぎない、ちょっとしたファッションアイテムを選ぶといいでしょう。

男性の場合は、女性と比べると身に付けるファッションアイテムの種類が限られますが、例えばネクタイやネクタイピンのように、男性的なイメージのあるファッションアイテムもあります。その他には、高級ブランドのマフラーやハンカチ、財布なども男性に喜ばれるプレゼントになります。またその上司がスポーツを好む男性であれば、そのスポーツに関連したウェアやシューズを選ぶのもいいでしょう。

家族が喜ぶプレゼントを選ぶ

上司がまだ若い人であるなど、独身男性の場合には当てはまりませんが、ある程度の年齢で家庭を持っている男性である場合には、家族が喜ぶようなプレゼントを選ぶというやり方が考えられます。家族を大事にする男性であれば、そういったプレゼントをもらうと嬉しいものですし、また部下から慕われている上司であるということを、家族に知ってもらえる良いきっかけにもなるからです。

そういったプレゼントとしては、食べ物や飲み物を上げることができます。例えば、お子さんからお年寄りまで、幅広い年代層に喜ばれそうなお菓子、コーヒーや紅茶などの日持ちのする飲み物のギフト、夫婦で楽しめるワインや焼酎などのお酒などです。また少し高級なタオルセット、夫婦がペアで使うマグカップやワイングラスなどの日用品もいいでしょう。

その人のことを思ってプレゼントを選ぶ

ボスの日に、部下から男性上司への感謝や親愛の情を込めてプレゼントを贈る場合には、男性が贈られて一般的に嬉しいと思えるようなものを選ぶと良いでしょう。例えば仕事で使える実用品、ちょっとしたファッションアイテム、家族で食べられる食品類といったプレゼントです。なぜなら、もらっても嬉しくなかったり、すぐにどこかにしまい込んで忘れ去られてしまうといったような、失敗のリスクを避けることができるからです。

しかし、その男性によって好みの違いは当然あるものなので、そういったプレゼントの候補をいくつも考えた中から、その人がどれをもらうとより喜ぶかといったことを考慮して、最終的に判断すると良いと言えます。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう