ポッキー&プリッツの日 11月11日

ポッキー&プリッツの日の起源や語源、歴史、
またポッキー&プリッツの日に行われる行事などポッキー&プリッツの日に関することを解説。

-AD-

ポッキー&プリッツの日とは

ポッキー&プリッツの日とは、起源、語源:11月11日は「ポッキー&プリッツの日」です。お菓子メーカの江崎グリコは、平成11年11月11日、数字の「1」が6つそろうこの日を、その形が似ている自社の人気菓子のポッキーとプリッツに見立てて、この日を「ポッキー&プリッツの日」とし、以降毎年11月11日をポッキーとプリッツの記念日として大々的に宣伝をして売り出しています。この記念日が始まってから17年目になります。

ポッキーとプリッツはお菓子メーカーの江崎グリコが製造している棒状のスナック菓子です。ポッキーはプレッツェルにチョコレートコーティングしたもの。プリッツは、サラダ味(塩味)をメインとしたプレッツェルのお菓子です。(サラダ味、トマト味、バター味などがあります)箱から取り出してみると形が数字の「1」にそっくりなので、江崎グリコはこの日を「ポッキー&プリッツの日」と定め、日本記念日協会に申請し認定を受けました。

江崎グリコは平成11年以降、毎年この11月11日を「ポッキー&プリッツの日」と記念日に位置づけ、テレビコマーシャルや店頭ポスター等で販売イベントを行ってきました。2011年の11月3日には東京の渋谷で街頭イベントを行いました。以降各地でイベントが行われるなど人気が高くなってきました。さらに近年では特別仕様のパッケージを作って力を入れるなど、本格的にイベント化しテレビコマーシャルも盛んに放映しています。

最近のポッキー&プリッツの日の特徴と話題性:イベントの聖地化している渋谷では待合場所で有名な犬の銅像の渋谷ハチ公前集まり、ポッキーもしくはプリッツをくわえて、両方から食べていくプリッツ&ポッキーが呼びかけられたりしています。またグリコの企業サイトでは、「ねらって!ポッキーゲーム」というゲームアプリが紹介されています。画面上にあるボールをポッキーで当てて、画面に出てくるハートを消していくゲームが紹介されています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう