メーデー(労働際・May Day) 5月1日

メーデーの起源や語源、歴史、
またメーデーに行われる行事などメーデーに関することを解説。

-AD-

メーデーとは

メーデーは、労働者の日とも呼ばれ、アメリカの労働組合が、1886年5月1日に、シカゴを中心にストライキを起こしたのが起源となっています。

当時は、1日12時間労働が当たり前でしたが、8時間労働制を主張し、見事勝ち取ったことを示す日として、継続・発展し、以来労働者の権利を主張する運動の日となっています。日本では、メーデーは祝日とされていますが、企業によっては、メーデーを会社の休日としているところもあります。

世界的に有名な言葉であるメーデーですが、日本ではそれほど馴染みがないかもしれません。そもそも英語でMay Dayと書きますが、これは世界各地で5月1日に行われる労働者の祭典を指し、働く者の日として、全世界の労働者が、一斉に権利と政治的要求を掲げ、デモを行う日となっています。

現在、労働問題は、世界的に改善されつつありますが、いまだに過酷な労働を強いられている人もいます。そういった人達の声をあげる日として、欧米諸国ではこの日を祝日に制定しています。

欧米諸国では重要視されているメーデーですが、現在の日本ではそれほど重要視されていません。日本でも1920年に上野公園で5千人が参加したのが最初出、以後1935年まで各地でデモが行われていました。しかし、1936年の2・26事件をきっかけに禁止されました。戦後1946年に復活しましたが、徐々にデモ活動から地域の催しへと代わっていきました。

ただ、メーデーの起源でもある、8時間労働制など、人間らしく働き続ける社会をめざすということは、今後も課題となっていますから、ディーセントワークの実現のためには、今後も取り組むことが大切です。

本来、労働者の地位や労働条件の向上、権利拡大などを主張してきた運動ですが、現在のメーデーは、働く仲間をねぎらい、たたえ合いながら、地域住民にも楽しんでもらえる一大イベントというスタイルへと変化しています。日本ではゴールデンウィーク中に行われているため、大々的には行われることはなくなりました。

近年では、参加者の減少も話題となっていますが、派遣切りやリストラなどの劣悪な労働がまかり通っている現代だからこそ、労働者が団結して、立ち上がる時代だともいえます。

メーデーには実は複数の意味がある

メーデーというと、ゴールデンウイーク中の5月1日に行われる労働者のための祭典です。メーデーは日本だけでなく世界中で行われており、この日に労働者や労働組合のひとたちが集まって集会を開いたりします。

労働者たちはこの日に労働時間や賃金など労働環境の改善を訴える機会にしていることが多いようです。しかしながらメーデーには5月1日の労働者の集会だけではなく、他に2つの意味があるようです。

ひとつめは、遭難したときに使う無線電話の遭難信号のことです。これも世界共通で使われており、例えば船が沈没しそうなときなどにメーデー、メーデー、メーデーと3回繰り返して使います。ふたつめは、古代ローマ時代に5月1日に行われていた祭典のことです。

古代ローマで行われていたメーデーの由来

現在ではメーデーというと、5月1日に行われる労働者の集会だと多くの人が認識しています。メーデーの由来は、古代ローマで行われていた祭典からきているといわれています。

古代ローマ時代にも、5月1日にメーデーと呼ばれるお祭りが行われていました。現在の労働者の集会とはかなり違い、農作物や家畜の豊作を祈るために行われていました。しかしながら、毎年メーデーが行われていくうちにだんだんと豊作を祈るという本来の意味が失われ、ただただお酒を飲んで踊り狂い、不道徳なふるまいをする人も増えてきたようです。

その結果、1555年頃に宗教家によってメーデーが禁止となります。そして、1880年頃の産業革命の時期に労働者の祭りとして復活し、現在に至っています。

SOS信号として使われるメーデーの由来

メーデーは労働者の集会という意味だけではなく、まったく別の意味でも使われています。それは、遭難した際に助けてほしいときや助けを呼ぶときに使われる信号です。

助けを呼ぶときはSOSという言葉を使うことが多いですが、メーデー、メーデー、メーデーと3回繰り返して使うこともあります。SOSもメーデーも国際的に通用する言葉であり、どちらを使っても意味は通じます。

SOSの由来はSave Our Shipからきているといわれています。遭難信号のメーデーは、フランス語のm'aidezが由来だと言われています。当初はSOSが多く使われていましたが、無線電話の普及するにしたがってメーデーも使われるようになりました。

労働者の祭典としてのメーデーの由来とは

メーデーが5月1日に行われる労働者のための集会だということは、多くの人が認識しているようです。そもそも5月1日にメーデーが行われるのは、古代ローマ時代に5月1日に行われている祭りが由来だと言われています。

しかし、古代ローマのメーデーは今の意味とはかなり違い、豊作を祈るために行われていました。今の労働者のためのメーデーは、産業革命が世界中で起こっていた1880年代のアメリカで行われたストライキが由来であると言われています。

今では8時間労働が基本ですが、当時は労働者は10時間以上働かされていました。そこでだんだんと不満がたまっていき、これに反発した労働者が5月1日にストライキを起こしました。

メーデーにはいろんな意味や由来がある

メーデーは、一般的には5月1日に行われる労働者のための集会だと認識されているようですが、助けを呼ぶときにも使われたりと、全く別の意味を持っているのですからなかなか面白い言葉です。

それに、メーデーの本当の由来は古代ローマのお祭りであったことも意外なことです。このように、言葉にはいろんな意味で使われているものが多くあるので、たまにはその意味を調べてみるのもいいかもしれません。

メーデーは日本だけではなく、世界中で行われており国によっては5月1日は休日にしているところもあるようです。日本ではメーデーに集会に参加するひとは一部のひとですが、労働環境に対する不満や環境の改善などを訴えるにはいい機会ですから、たまにはメーデーに参加してみるのもいいかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう