七五三 11月15日

七五三の起源や語源、歴史、
また七五三に行われる行事など七五三に関することを解説。

-AD-

七五三の起源と由来とは

日本の伝統行事である男の子の3歳と5歳、女の子の3歳と7歳のときの11月15日にお宮参りをする七五三ですが、どのような由来や起源があり、いつ頃から始まって現在のような形になっていったのでしょうか。それを知るためには、室町時代まで時代をさかのぼる必要があります。

当事の日本では、今とは比べ物にならないほど幼児の死亡確率が高く、生まれてから3~4年たってはじめて当事の戸籍にあたる人別帳や氏子台帳に名前を登録することができました。そのため七五三は、幼児の死亡確率の高い時期を乗り越えて、無事に成長した証として、そのこどもが生まれた土地の神様に、感謝の意味と加護を祈るための儀式として、江戸時代に定着したのでした。
もともとは宮内や公家の儀式でしたが、江戸時代に呉服屋の宣伝によって、広く一般的に行われるようになったのです。

七五三に含まれた意味とは

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳に、それぞれに含まれた意味があります。

男の子も女の子も、3歳のときには、髪を伸ばしはじめる髪置きの意味があります。昔は幼児期には、病気の予防のために髪を剃っておくという習慣があり、3歳になってはじめて髪を伸ばしはじめました。そのための儀式が、髪置きということです。

男の子の5歳には、男の衣装である袴を着るという、袴着の儀式です。5歳ごろになると、幼児から少年へ移り変わる意味を込めて、行われました。

女の子の7歳には、女の子の着物帯を装いはじめる帯解きです。女児が三つ身の着物と付け帯から、四つ身の着物と普通の帯へと変える儀式で、女性が幼女から少女へと移り変わる節目となる儀式となり、7歳ごろに行われるのです。

11月15日に祝う理由とは

このような由来のある七五三ですが、現在11月15日に行われるのはなぜでしょうか。それには2つの説があります。

ひとつは、この日が二十八宿の鬼宿日に当たり、婚礼以外のお祝いに関しては、どんなお祝い事についても吉であるといういわれがあったことによります。さらに旧暦の11月には、秋の実りを神に感謝する月であったため、その満月に当たる15日に氏神へ収穫の感謝とともにこども成長も感謝したと言われています。

もうひとつは、お犬様で有名な江戸時代の5代将軍である徳川綱吉のこどもの徳松を、お祝いした日に当たるからというものです。
これらが由来となった七五三ですが、もしお子さんがちょうどその歳に当たるのであれば、ぜひこのような起源を思いながら、お祝いしてあげてください。

七五三の習慣と意味について

七五三とは、7歳、5歳、3歳のときに子供の成長を祝う年中行事です。七五三の日とされる11月15日に、神社へ着物を着てお参りに行く、ということが主に行われます。

親族が集まり、子供の成長を祝うという、幼少期の一大イベントでもあります。以前は関東での地方行事とされていましたが今現在は全国で盛んに行われています。近年ではお参りだけでなく、写真館で前撮りをするなどということも少なくありません。

各年齢の意味としては、まず3歳は「髪置きの儀」。それまで剃っていた髪の毛を、3歳を機に伸ばし始めるという意味です。5歳は「袴儀」。男の子は5歳で初めて袴を身につけました。7歳は「帯解の儀」。女の子が7歳で大人と同じ帯を身に着けるという儀です。全て奇数なのは、縁起の良い数とされる中国の思想からです。

七五三の歴史と由来について

七五三の始まりは室町時代といわれています。江戸時代の武家から広まり、その後庶民の行事にもなり、七五三と呼ばれるようになってのは明治時代になってからです。昔は現在とは異なり、乳幼児の死亡率が非常に高かったとされていました。そのため、生まれてから3~4年で現在の戸籍ともいえる氏子台帳に登録していました。そこから、七五三のお祝いは、今まで無事に成長してくれたという感謝と、これからの成長を祝うという行事になったのです。もともと3歳、5歳、7歳を祝うという行事は平安時代からあったとされています。

それが現在の11月15日に決まったのは、江戸時代、徳川綱吉の子供のお祝いをした日に由来しています。旧暦の15日は、鬼の出ない日とされ、何をするにしても吉である日でした。また、11月は収穫の後の実りに感謝する月であるため、11月15日という日になったそうです。

現在の七五三のお参り、しきたり

現在の七五三では、今まで無事に成長してくれた感謝をこめて神社を詣でます。本来であれば土地神社に詣でることが一般的ですが、現在はご祈祷をしてくれる大きな神社を訪れるということも多くあります。昔のしきたりとして残っているものに「千歳飴」が挙げられます。

江戸時代に、子供の健やかな成長と長寿の願いをこめて、長い棒状の飴を作ったことが始まりとされています。一般的にはめでたい紅白色で、亀や鶴、松竹梅のおめでたい柄が入っていることが多いです。お福分けとして歳の数だけ分けるというしきたりがあり、今現在では祖父、祖母、友達等に配り、感謝の意を表す良いきっかけになっています。

11月15日にお祝いすることが一般的でしたが近年では11月の土日祝日に行うことが多くなっています。時代と共に、お祝いの仕方もその時代に合わせて変わっていくともいえるでしょう。

七五三の起源は平安時代

七五三の起源は平安時代頃だといわれています。当時は医療も全く進んでいなかったこともあって子供の死亡率は非常に高かったのです。そのため、7歳までの小さな子供達は「神の子」と考えられていました。人間ではなく、まだこの世に生命がしっかりと落ち着いていない存在であるというのが当時の人々の考えでした。

そのため、3歳・5歳・7歳くらいをそれぞれ区切りとし、これからも健康でいられるようにという願いを込めてお祝いをし、祈願するようになったとされています。これらの年齢に決められているのは昔から奇数が縁起の良い数字であると考えられていたためです。江戸時代頃になると年齢によって行う儀式が決められるようになりました。3歳で男女共に髪を伸ばし始め、5歳で男子が袴をはき、7歳で女子が帯を締める着物に着替えます。

七五三はなぜ11月15日なの?

七五三の語源は江戸時代にあるといわれており、時の将軍が行ったことが由来となったとされています。

一つめは3代将軍家光公が後の5代将軍である綱吉公が体が弱いことを心配し、無事に成長するようにと願って袴着の儀式を行ったのが11月15日だったという説です。

そしてもう1つはその綱吉公が今度はわが子の髪置の儀式を行う日を11月のいつにするかに迷い、二十八宿という選日方法で15日がベストということがわかり、この日に無事に儀式を行ったことから、七五三の儀式をこの11月15日に定めてしまったという説です。

また古来より儀式として行われてきた霜月祭という家業に関係している神様を祀る儀式によるものであるという説もあります。

これらは主な説であり、他にもいくつもの説が残されています。

七五三に千歳飴を食べるのはなぜ?

七五三限定の飴といえば千歳飴があります。比較的現代に近い時代が発祥と思われがちですが、実は千歳飴の歴史は意外にも古く、元禄時代の浅草にある飴屋が考案したといわれています。

子供が長生きするようにという願いを込めて千歳飴という名前がつけられたのでした。また千歳飴といえばあの長さが知られていますが、あの長さも子供の健康や成長を願って長く伸びるという意味を込めて、そして延命長寿の願いを込めたことから、あれだけの長さになったとされています。当時はお宮参りをした帰りにみやげとして購入しておき、帰ってから親戚や近所にお祝いの品として配っていました。最近ではあの長さを食べきれないということから短くて太い千歳飴も販売されるようになっています。七五三にはぜひ縁起の良い千歳飴を食べておくといいでしょう。

なぜ七五三をお祝いするのか?

子供の成長を祝う日本の年中行事である七五三。3歳、5歳、7歳という子供の成長の節目に、無事に成長できたことを神様に感謝し将来の幸せと長寿を願うための重要な儀礼として知られています。特に男の子では5歳(3歳でもお祝いすることがあります)、女の子では3歳と7歳にお祝いします。ではどうしてこの七五三は行われるようになったのでしょうか?

今でこそ生まれてきた赤ちゃんはそのほどんどが健康に育つことができる環境がありますが、日本でもつい数十年前まで栄養失調や病気で命を落とす子供はとても多かったです。そのため、7歳になるまで子供は「神の子」で、7歳になる前に死んだ子供は神様のもとへ帰るのだという考え方があるました。昔はそれほど子供の成長は尊く嬉しいものでした。7歳になることが当たり前となっている今でも、お祝いをする習慣は残っているのです。

年齢の違いと意味とは?

どうして男の子は5歳で女の子は7歳でお祝いするのだろう?このことは、誰もが一度はふと疑問に思ったことがあるでしょう。それは、男の子のほうが大切にされたからです。確かに昔の日本では家を継ぐのはふつう長男でしたし、これだけ聞くと男女差別ではないかと思う人もいるかもしれません。しかし実際に男の子の赤ちゃんの方が体が弱いことが多かったのです。1970年の時点でも乳児死亡率の男女差が30%あったという報告があります。男の子は5歳まで育つだけでも嬉しいことだったのですね。

また3歳には「神置」といって髪の毛が生えてくるころという意味が、男の子の5歳には「袴着」といって男性の服装である袴を着始めるようになるという意味が、女の子の7歳には「帯解」といってそれまで身に着けていた着物の帯をとって本仕立ての大人の装いになるという意味があります。

子供の成長を見守る行事

今まで述べてきたように、七五三は子供の成長をお祝いする大切な行事。実際に始められたのは室町時代ころの宮中や公家で、次第に一般庶民の間にも広まり、歴史的にみてもとても長く続けられています。

11月15日が七五三の日とされているのは、二十八宿の「鬼宿日」にあたり祝い事に縁起のよい日であったこと、また秋の収穫を神様に感謝する11月の満月ののぼる日にあたることが理由とされています。江戸時代の五代目将軍徳川綱吉の子供のお祝いをした日に由来するという説もあります。また七五三の子供がよく持っている千歳あめは、その名のとおり子供の長寿を願ったものです。

子供の健やかな成長が当たり前でない時代に始まった行事ですが、子供が当たり前に成長できる現代では、その”当たり前”に感謝する気持ちが大切なのではないでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう