七五三の時に着物を着る理由とは - 七五三 2017年11月15日 -

-AD-

七五三をするようになった理由

七五三が始まったのは、室町時代と言われています。江戸時代の武家社会を中心に関東から全国へと広まっていったと言われています。

昔は乳幼児の死亡率が高く、生まれてから3~4年経過してから戸籍に入れるというぐらいだったようです。その為、七五三のお祝いというのは、そこまで生きてくれてありがとうという意味合いやこれからも元気に育ってほしいという願いが込められていると言われているのです。男の子は五歳、女の子が三歳と七歳にする理由としては、幼少期の頃は女の子の方が発育が良く丈夫であることに由来されていました。

現在では、男の子も3歳のお祝いをするというのが一般的になっているようです。七五三には、子供の死亡率が高く、3歳になるまで生きられる子供が少なかったという悲しい現実が背景にあるのです。

三歳、五歳、七歳の着物の意味とは

七五三をさせる時に一般的には着物を着せることが多いと思いますが、そもそもなぜ着物を着ておめかしをしなくてはいけないのでしょうか。それには、それぞれの年齢に合わせて意味合いが変わってくるのです。

三歳の頃は、男女共に髪を伸ばし始める時期として髪置(かみおき)、五歳の時は、男の衣服である袴を着る袴着(はかまぎ)、七歳の時には女の子の着物帯の装い始めとして帯解(おびとき)と言われています。これらの由来によって、現在の七五三も子供におめかしをして写真撮影やお参りに行くという家庭が多いのです。現在は男の子も三歳の時にやるというご家庭も増えていますが、本来は袴着である5歳のみやっていたようです。

ここまで生きてくれてありがとうと神様に感謝しつつ、おめかしをして子供の成長を祝う日でもありますね。

千歳飴ってなぜ必要なの?

七五三のお祝いをしているご家庭で覆いのが、着物をレンタルし、写真撮影、そしてお参りをするというのがベーシックです。また、現在では着物は着崩してしまう可能性があるからと最初から洋装でお参りにくるというご家庭もあるようです。

着物を着る機会の少ない子供にとって窮屈であることは間違いありませんが、古くからの風習に習うなら着物を選択することをお勧めします。また、千歳飴の由来としては、長く伸びるという飴のように寿命が長くあるようにと望まれているのです。寿や祝などの文字が印字されていることも多く、年の数だけ飴を袋に入れ、親戚や近所の方に分け与える習慣をお福分けと言います。

現在では、ママ友同市で分け与えることも多いようです。七五三のしきたりに従うことも大切ですが、子供の成長に感謝し、健やかに成長していくことを願う日だということを忘れないようにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう