七五三のお参りや千歳飴の意味について - 七五三 2017年11月15日 -

-AD-

七五三とお参りの歴史

七五三は日本の子どもの成長を祝う行事で、男の子は5歳に、女の子は3歳と5歳のときに行います。ここまで成長出来たことや氏神さまにこれまでの感謝を伝え、将来の幸せと長寿をお祈りする意味があります。

昔の日本では知識不足や栄養不足、乳幼児の堕胎や間引きなどがあり、子どもの死亡率がとても高いものだったのです。そのような事情もあってか、7歳になるまでは神様の子という考えがあったのです。神様から一度子どもを預かって、自分たちが育て上げると思っていたのです。7歳になると始めて人間の子どもとなり、地域のコミュニティに入ることが出来るようになります。そのくらい7歳まで生きることが難しい時代で、それを感謝する行事として七五三が誕生したのです。

同時にお参りをするようになり、現在の日本にこの行事が広まったのです。

七五三の年齢の違いとは

昔の七五三は男の子が3歳と5歳に、女の子が3歳と7歳にお祝いするのですが、男の子と女の子では年齢の差があります。これは男の子の方が後継者としてとても大切にされていたことから、早い段階でお参りやお祝いをしていた背景があります。また男の子の方が女の子よりも身体が弱く、生存率が低かったということも理由の一つです。

男女共に3歳は髪が生え揃ってくる年齢で、男の子の5歳は袴着を着るようになります。同時に神様から男の魂を預かるとされていたことからこの年齢にお祝いをします。女の子の7歳は今まで身に付けていた紐の付いた着物ではなく、本仕立ての着物や丸帯で大人と同じ装いをします。男の子と同じように神様から女の魂を預かるとされているので、女の子は7歳にお祝いをします。肉体的な成長はもちろんですが、精神面をそれぞれの年齢できちんと育てようという意味もあるのです。

千歳飴を持つ意味について

七五三のお参りに欠かせないのは、お参りのときに子どもが持つ千歳飴です。千歳飴の袋には亀や鶴などを使った独特のイラストが描かれていて、大きな長方形をしています。千歳飴はもち米などのでんぷん質の材料と麦芽を使い、糖化させて紅白に色を付けます。細く長い形にしているのは子どもの長寿を願う気持ちが表現されていて、紅白に色を付けることで縁起の良いアイテムになっているのです。

千歳飴を入れて袋にも意味があり、歴史がある飴屋ではきちんとお祓いもして販売しています。昔はお参りの帰りに買うことが多く、七五三のお参りのお土産だったのです。長い形をしているのは、飴が細長いように子どもの長寿を願う意味があります。切ったり細かくはせずに、子どもの長生きや健康を願うためにも長い状態で食べることが大切です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう