七五三の行事と千歳あめの由来について - 七五三 2017年11月15日 -

-AD-

11月に子どもの成長を祝う行事

七五三は11月15日に子どもの成長を祝う行事です。

11月15日に神社に参拝するという形で祝う事になりますが、11月15日に上手く休めないという人も多いでしょう。その為、10月の下旬から11月上旬にかけての都合の良い日に参拝をするという形が一般的になっています。この行事が始まったのは、室町時代とされています。

その頃、子どもが生まれても幼いうちに生命を落とす事も多く、その為、この歳まで無事に成長を出来たという感謝の意味を込めて、神様にお参りし、これから先の子どもの成長と幸せを祈願していた事が始まりといわれています。

そして、現在では、男の子の場合は3歳と5歳、女の子の場合は3歳と7歳に、無事に成長できた事を感謝すると同時に、これから先の成長と幸せを祈願する行事となっています。

7歳と5歳と3歳にお参りするのは

七五三でお参りする年齢にはそれぞれ意味があります。

昔、子どもは3歳になると、それまで短く剃っていた髪の毛を、男女共に伸ばし始めるという行事がありました。そして5歳になると男の子は袴を身に付ける行事、7歳になると女の子は着物の帯をし始めるという行事が行われていました。これらはそれぞれ別の行事だったのですが、江戸時代の後期頃、一つの行事としてまとめられ、今の七五三の形となりました。

11月15日にこの行事が行われるようになったのは、徳川家の中でも体が弱かった子どもが、この日にお参りし、その後、元気に成長をしていったという事にあやかっているとされています。ですから、今でもこの行事は11月15日が中心となりますが、それぞれの家庭の都合に合わせてお参りしても問題はありません。

千歳あめは子どもの成長を祈って

七五三に欠かせないものといえば千歳あめです。これは、元々この行事の為に作られていたものではなく、紅白2本のあめを、食べると長寿になれるあめとして売り出していたものを、子どもに贈るようになったとされています。

子どもに、これから先も長生きをしていって欲しいという意味を込めてあめを贈るようになったのですが、今とは違い、昔は甘い物というのはとても基調なものでした。それだけに、受け取った子どもも喜ぶ贈り物となっていました。

七五三の千歳あめといえば、紅白2本のあめが入っているというイメージを持つ人も多いでしょう。ですが、本来は歳の数だけ入れるようになっており、今では2本ではなく歳の数だけ入っているという事が多くなっています。その場合、白が1本多いという事が一般的です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう