七五三は着物姿でお祝いしませんか - 七五三 2017年11月15日 -

-AD-

七五三の始まりについて

七五三は子供の成長を祝う行事の一つです。昔は現在のように医療が発達していたわけではないので、幼くして亡くなってしまうことが多く、子供の健やかな成長を願って祈願したのが始まりだと言われています。

七五三は3歳の男女、5歳の男の子、7歳の女の子がお祝いをします。この時期に病気やけがをして亡くなることが多かったので、節目節目に祈願し成長の喜びを祝っていたのでしょう。

以前は数え年で七五三のお祝いを行うことが多かったのですが、最近では満年齢で行う人も増えてきました。お参りも11月15日が平日だと仕事が休めない人も多いのでこの日に神社へ行くのではなく、それに近い家族の都合がよい日に神社詣りをする人がほとんどです。生活スタイルに合わせ、あまり形式にこだわらなくなった人が増えたとも言えるでしょう。

和装と洋装どちらがお好みですか

さて、神社へお参りに行くのに和装と洋装どちらがよいのでしょう。服装に特に決まりはありませんが和装の子供がどちらかと言えば多いかもしれません。洋装はその後、結婚式やちょっとしたお祝いにも着られるので、子供用のスーツやドレスを購入して着せるケースもあるようです。

最近は着物を購入するよりレンタルする人も多く、美容院や写真館が着物を貸し出してくれるところも増えています。

服装に決まりはないので、自分の好みで選ぶとよいでしょう。3歳のお祝いでは子供が着物を嫌がって脱ぎたがることも多いので、3歳のお祝いでは洋装、5歳と7歳では袴や着物といったように年齢に合わせて服装を選ぶ人もいるようです。保護者の方の独断ではなくお子さんと一緒に選んで決めるのもいいのかもしれません。

着物を着せるのもすてきです

しかし普段の生活の中で着物を着る機会はほとんどありません。ですから七五三では和装を選ぶ人も増えています。レンタルで借りられるところが増えたのも理由の一つかもしれません。子供の着物姿はとてもかわいらしいものです。男の子は勇ましくたくましく感じますし、女の子はおしとやかにかわいらしく見えます。

また最近は、家族みんなで着物を着てお祝いするケースも増えています。そのまま写真館へ行って写真を撮って家族の思い出として残す人も増えています。大人でも和装姿で写真を撮ることはほとんどないでしょうからよい機会となるでしょう。

和装はやはり日本人であることを実感できるものです。11月の少し肌寒い時でも和装は温かく軽いのでびっくりされる人も多いのです。ぜひ親子そろって七五三は和装でお参りしませんか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう