七五三の写真を撮影してもらいましょう - 七五三 2017年11月15日 -

-AD-

一生の思い出に写真を残しましょう

子どもの成長を願うお祝いの一つが七五三です。七五三は、男の子が3歳と5歳、女の子が3歳と7歳にお祝いをします。昔は生まれてもすぐに亡くなってしまうことが多く、成長の節目で厄払いの意味も込めてお祝いをするのが風習として残っているのです。

そこで、お子さんの成長の証としてぜひ写真にお子さんの姿を残してみませんか。できればお子さんだけでなく、家族一緒に撮ったものならなおさらよいでしょう。七五三にはお子さんに袴や着物、スーツやドレスといった服装でお祝いする家族も多いはずです。

お父さんやお母さんのカメラももちろんいいですが、写真館へ行ってプロの手による撮影をお願いしてみるのもいいかもしれません。おじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼントにも最適でしょう。

実はお得なシーズンがあるのです

しかし写真館で撮影となると費用が気になるところです。カット数が増えれば増えるほど値段も上がりますし、一番安いプランでもけっこうなお値段になってしまいます。「じゃあプロの撮影はいいかな。」と思った方に必見です。実はお得でなおかつカット数を減らさずに撮影してもらう方法があるのです。

七五三といえば、11月に神社詣りをする人が多いでしょう。この時期は休日ごとに神社にお参りに訪れる家族もさることながら、写真館を訪れる人も多いのです。しかし、オフシーズンの夏にはほとんど撮影に訪れる人はいません。

撮影に訪れる家族も少ないため、格安で撮影してくれるところがあります。貸衣装もレンタルできますし、何枚もサービスの範囲内で撮影を行ってくれるところも多いので安心です。

七五三に限らず写真を撮りませんか

七五三のようなイベントごとに写真を撮ってもらうご家族は多いのですが、毎年撮影に行っているという人は少ないのではないでしょうか。お子さんが小さなときはカメラを片手に撮影をしていたお父さんも、お子さんの成長と共にカメラも眠ったままといった人も少なくありません。

一年に一度家族で思い出を残すのもとてもすてきです。一年ごとの変化はあまり感じられませんが、5年後、10年後と家族の変化も見られ、後から見るときっとすてきなよい思い出となるはずです。家族が少しずつ増えていく楽しみもできるかもしれません。

七五三などのイベントだけではもったいないですから、一生の思い出として家族写真を残していきましょう。今からでも遅くはありません。みんなで撮影に出かけてみませんか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう