七夕 7月7日

七夕の起源や語源、歴史、
また七夕に行われる行事など七夕に関することを解説。

-AD-

七夕の起源は中国だった

七夕の発祥とされているのは中国で、織物を編むことが得意な女性と牛飼いの男性の夫婦の話が元になっています。天の川の西側に女性が、東側に男性が住んでいます。女性の結婚相手を探していた星座を操る神様が、とても働き者の男性に女性と結婚して欲しいと頼んだのです。男性は引き受け、二人は晴れて夫婦になります。

二人は結婚すると天の川の近くでよく見かけるようになり、仕事をしていることがないようなのです。働く気配がなかったので男性を天の川の西側に戻し、二人は離ればなれになります。女性は悲しみにくれ、毎日泣いて過ごしていたのです。男性もあまりの寂しさに耐えきれず、家に閉じ籠ってしまったのです。それを見ていた神様が以前のようにきちんと働けば、年に1度だけ会うことを許すようになります。この日を待ちわびて夫婦は一生懸命働くようになり、七夕が出来たと言われているのです。

日本の七夕の歴史とは

日本に七夕が伝わって来たのは平安時代で、始めは宮中の行事として七夕が行われていたのです。平安時代の宮中の行事の中でも重要とされていたイベントの一つで、季節の変わり目や農作物を育てる時期であることを知らせるに行われていたという歴史があります。空の様子や星座で時期が判断されていたので、季節を知らせる手段として重要なイベントだったのです。また宮中の人達はなすや大豆、アワビや鯛、梨や桃をお供えして、星空を眺めながらこのイベントを楽しむ習慣があります。

七夕に欠かせない短冊も平安時代に生まれ、里芋の葉っぱに和歌を書いて願い事をしていたのです。

一般の人に広がったのは、江戸時代です。この頃から庶民にも親しまれる行事になり、お祝いをすることが一般的になります。野菜や果物をお供えして、詩歌や自分の習い事の上達をお願いするようになります。

短冊と笹の葉を使う意味

願い事を書く短冊は5色あり、天の川をイメージしたカラフルなものがあります。短冊に願い事を書くようになったのは江戸時代で、当初はメモの意味があったのです。短冊に使われていた梶の葉は貴重な神木だったことから、その代用として色とりどりの紙に願い事を書くようになります。

現在の日本では織姫と彦星が年に1度だけ再会することが出来る日で、二人のように自分の願い事を短冊に書いて祈るというイベントに変化しています。竹や笹が使われているのは生命力が強い植物なので、不思議な力があると信じられているからです。冬の寒い時期でも緑色をしていて、力強いイメージがあることから使われるようになったのです。七夕が終わると川に流す習慣もありますが、これは汚れも一緒に流してしまうという意味があります。

七夕の由来や語源とその後の推移

七夕の由来は、中国の牛郎織女伝説と乞巧奠が奈良時代に日本に伝来し、日本の棚機津女の伝説と結びついた儀礼だとされ、七夕は江戸時代に陰陽五行の教義に基づき重要な年中行事である五節句の一つと定められています。

七夕の語源は、太安万侶によって712年に元明天皇に献上された古事記の天津国玉神の子である天稚彦の死に際し、大国主命と宗方三女神の多紀理毘売命の子である迦毛大御神が詠んだ句の淤登多那婆多(弟棚機)の部分や降魔の象徴とされる幡に精霊棚を設置する棚幡、古代の農村地域で行われていた種播祭りと宮中行事の七夕などとされています。

奈良時代の8系初期には、持統天皇が宮中行事として七夕を行った記録があり、平安時代には7月7日に相撲節会も行われる様になっています。

乞巧奠のあらましと飾りつけの意味

乞巧奠は、崑崙に住む伝説の女神西王母の外孫にして、彩雲や天衣など天界の織物の名人とされる織姫に裁縫の上達を願う中国の儀式であり、日本でも7月7日の夜に清涼殿の東庭の4つの机に供物を供え一晩中香を焚き、五色の糸を7本の針穴に通し裁縫の上達を願い、素麺を皆んなで食したとされています。江戸時代には、寺子屋や私塾の子供達が笹の短冊に文字を書き込み書道の上達を祈願したのが、色とりどりの短冊に願いを書き記す現在の七夕の起源とされています。

現代では、長寿を願う折り鶴や金運上昇を願う巾着、形代とする神衣、五穀豊穣や豊漁を願う網飾り、織姫を象徴する艶やかな吹き流しなども飾り付けられ、裁縫や書道の上達だけで無く、人々が様々な願いを七夕に祈願する様になっています。

棚機津女と牛郎織女の伝説

棚機津女には、水場で客神を迎える女性意味があります。古代の日本には、7月15日に川や海、湖 池などの水に関連する地域に水の神が降臨すると信じられており、水源付近の村落の人々は水辺に棚機を用意し、穢れのない棚機津女が神の為に神聖な織物を織る事で村落の災厄を取り除いて貰います。

棚機津女は、神と一夜を過ごす事で神の子を宿し、自分自身も神になってしまう伝説です。牛郎織女伝説は、日本でも1年に一度しか会う事が許されない彦星と織姫のロマンチックな話としても知られており、7月7日の夜にはわし座の主星アルタイルの彦星が上弦の月に乗り、天の川を渡って琴座のベガ・織姫に会いに行く伝説として知られています。しかし、七夕に雨が降ると彦星と織姫は会う事が出来ない為に、七夕に降る雨は織姫と彦星が流す涙だとされ洒涙雨と呼ばれています。

七夕とは一体どんな日?

日本には節句と呼ばれる季節の変わり目に祝い事を行う日が、5つ存在しています。それが、1月7日の「七草」、3月3日の「桃の節句」、5月5日の「端午(たんご)の節句」、9月9日の「菊の節句」、そして7月7日の「七夕」もその1つなのです。七夕ですることと言えば、笹の葉に願い事を書いた短冊をつるし、星にお願いをするという習慣で有名です。

星の輝く夜空では、織姫と彦星が1年に1度、出会える日でもあると伝えられています。では、この七夕の行事は一体いつ頃から、何のために始まったのでしょうか。織姫と彦星というのは一体どんな人たちで、なぜ1年に1度しか会えないということになってしまったのでしょうか。ここでは語源やルーツなどの歴史について少しだけ探っていきます。

ルーツは日本ではなく中国にあった?

七夕は日本で生まれたものではないと言われています。元々、中国の行事であったものが奈良時代に伝えられて、当時日本に存在していた棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさったものだという話です。「七夕」というのは当て字であり、ふつうは「たなばた」とは読めません。元になったのは「棚機(たなばた)」です。

秋の収穫時に豊作を祈って、選ばれた乙女である棚機津女(たなばたつめ)が着物を身にまとい、禊の行事を行っていたのが「棚機(たなばた)」でした。これが7月7日の夜に行われていたために、「七夕」に「たなばた」をあてがって、こう読んだのが始まりだとされています。七夕の日に短冊をつるすという風習は和歌から来たものだと言われており、これが時の流れとともに変化して短冊に願いを書くという風習になったとされています。

織姫と彦星の伝説とは

夜空に輝く満天の星空である天の川。その近くに住んでいたのが神様とその娘の織姫でした。織姫は実に働き者であり、機(はた)を織る仕事に励み、一生懸命働いていました。年頃になった織姫を神様は嫁がせる決心をします。その嫁ぎ先が天の川の向かいにいる彦星でした。2人は恋人ではなく夫婦なのです。しかし思いもよらない事態が待っていました。

織姫と彦星はあまりにも仲が良すぎることが仇となって、全く働くなってしまったのです。これに激怒した神様が2人を引き離してしまいます。泣いてばかりいる織姫を可哀想に思った神様が1年に1度だけ彦星と会わせることを許しました。これは7月7日の夜だったのです。そして2人はこの日の為に一生懸命働いたとされています。織姫と彦星の伝説は、あまりにも悲劇的なことが起こったわけではなく、普通にあり得そうな出来事を教訓としていた話だったのです。

平安時代頃に伝わってきた行事

日本では毎年行事として行われている七夕はもともと日本にあったものではなく、平安時代頃に伝わってきたといわれています。宮中行事として行われていた七夕の日は星座を見て行う日が決められました。そして桃や梨、なす、うり、大豆、干し鯛、アワビなど食べ物を供えて星をながめていたのです。その時には香をたき、楽を奏で、詩歌を楽しんでいました。現在では短冊に願い事を書いて祈りますが、この時代にはその短冊の元になるものもできていました。

天の川のしずくと考えられていたのがサトイモの葉にたまった夜露で、それを墨に溶いて梶の葉に和歌で願い事を書いていました。梶の木は昔から神の木として考えられていたので神聖なものであり、それに願い事を書くことで空へと届くと考えられていたのです。

伝統的な七夕は旧暦の7月7日だった

現在の七夕は7月7日に行われていますが、昔ながらの七夕の日は実は旧暦の7月7日です。これは私達が使っている暦にあてはめるとまるまる1か月ほど遅い時期になります。つまり七夕は8月に入ってから行われていたのです。例えば2016年であれば8月9日、2017年は8月28日が旧暦の7月7日にあたります。

現在の暦の7月7日はまだ梅雨が明けていないことも多く、雨や曇りの日が多いため、天の川がきれいに見えないこともあります。そのため、旧暦の七夕に行事を行ったほうが良いのではないかという意見も出ています。七夕の日にはなるべくライトを消して星の美しい輝きだけを楽しむようにするのも素敵です。実はここ数年でこのライトダウンするという行事が流行してきているのです。

一般人も行うようになったのは江戸時代

七夕の歴史の中で今のように一般人も楽しむようになったのは江戸時代になってからのことでした。一般の人々に七夕が広まったばかりの頃はほとんどの人が学問や習い事などの上達を願い事として書いていました。しかし平安時代頃と変わったのは梶の木が神聖なものであったことから、五色の色紙に願いごとを書くようになったことです。五色なのは中国の陰陽五行説からとられているためです。

五色とは赤・青・黄・白・黒で、染色の表し方などもあり、昔から現在まで青は緑、黒は紫であらわされることも多いです。そのため、緑・赤・黄・白・紫あるいは青・赤・黄・白・黒という組み合わせになっていることもよくあります。緑(青)には徳を積む、思いやるという意味があり、黄には信頼や誠実という意味があります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう