七夕の歴史と由来・笹の葉を用いる理由とは? - 七夕 2018年7月7日 -

七夕の歴史と由来についての解説。七夕の起源と「たなばた」と呼ばれるようになった由来など。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

七夕のはじまり・起源

夏の風物詩であり、毎年7月7日の夜に、願いごとを書いた色とりどりの飾りや短冊を笹の葉に吊るす行事、七夕。みなさんも子どもの頃に、たくさんの短冊や飾りものを作って吊るし、織姫と彦星に願いごとをした経験があることでしょう。

七夕は、「たなばた」または「しちせき」とも読み、古くから行われている日本のお祭り行事であり、一年間の重要な節句をあらわす「五節句」のひとつにも数えられています。五節句とは、人日(1月7日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、重陽(9月9日)、そして7月7日です。

七夕はいったいいつから、どのようにして始まったのでしょう。その起源には諸説ありますが、古来より日本の神事であった「棚機(たなばた)」と、「織姫と彦星の伝説」、そして奈良時代に中国から伝来した「乞巧奠」という3つの行事が合わさったものとされています。

「たなばた」の読みの由来

それでは、先述の「棚機(たなばた)」という行事は一体どういうものなのでしょうか。「棚機」とは古い日本のみそぎ行事であり、女性が着物を織って棚に供えて、神さまをお迎えして秋の豊作を祈ったり、人々のけがれをはらう、といった行事でした。

この行事に選出された乙女は、「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、川など清い水辺にある機屋(はたや)にこもって、神さまのために心をこめて着物を織ります。その時に使われたのが、「棚機(たなばた)」という織り機でした。

その後、中国より仏教が伝来すると、この行事はお盆を迎える準備として、7月7日の夜に行われるようになります。現在、「七夕」という二文字で「たなばた」と当て字で読んでいるのは、ここから来ていると伝えられています。

笹を飾るのはどうして?

はるか古来より、笹・竹は神聖なものとして扱われてきました。笹は、繁殖力が強く風雪寒暖にも強いため、「生命力と神秘性」を兼ね備えた植物として、七夕以前も神事に使用されていたのです。笹の葉がこすれあう音は、神様を招く音としてなおのこと神聖視され大切に取り扱われてきました。

日本の童謡「たなばたさま」という曲の2番に、「五色の短冊」という節があります。この「五」という数字は中国の陰陽五行説にちなんだものであり、「青・赤・黄・白・黒(紫)」がその五色です。それぞれ、木・火・土・金・水を表しており、この世の全てのものの根源である、という意味があります。

短冊の他、笹に飾るものの意味として、折り鶴は長寿を、神衣は裁縫の上達・衣服に困らぬようという願い、巾着は金運の上昇を、網飾りは豊作・大漁を、くずかごは清潔・節約を、吹き流しはおりひめの織糸を表したものです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう