七夕の由来とされる彦星と織姫 - 七夕 2018年7月7日 -

七夕と起源となった中国の伝説についての解説。牛郎織女伝説と織女星、乞巧奠についてなど。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

七夕の起源となった日本と中国の伝説

七夕は、日本国内では彦星と織姫の童話の様なお話に基づいて行われていますが、元々は中国に古くから伝わる牛郎織女伝説が起源とされ、牛郎織女伝説の織女に祈願する乞巧奠と呼ばれる中国の慣習が牛郎織女伝説共に、遣唐使や遣隋使、大陸の使節団などにより日本に伝播したのが始まりとされています。

又、七夕は、遠方から情報や貴重な物を持って来る客人をもてなす縄文時代や弥生時代から続く風習が、何時しか夏の望月の頃に降臨する水の神をもてなす棚機津女の伝説と移り変わり、牛郎織女伝説や乞巧奠と強く結びついた儀式と考えられています。七夕は、平安時代には宮中行事の一つとなりその後庶民に広まったとされ、現在では竹に飾り付けるだけでは無く、バレン船や短冊船、艶やかな提灯など独自の進化を遂げた七夕もあります。

牛郎織女伝説と織女星の現状

牛郎織女伝説は、天帝の娘共崑崙山の西王母の孫とも言われる機織り名人織女(織姫)と天上人の働き者牛飼いの牽牛郎(彦星)は結婚しますが、結婚後は仕事もせずに何時も一緒にいた為に天界の織物や牛が衰弱してしまい天帝の怒りを買ってしまい、牽牛郎は天の川の対岸に別居させられてしまいます。天帝は、悲嘆にくれる2人に年に一度だけ会う事を許し、牽牛郎は毎年7月7日にカササギが作った橋を渡り織女に会いに行いきます。

彦星は、わし座の1等星アルタイルの事を指し、天の川を挟んで14.4光年離れた距離に織り姫と呼ばれること座の1等星ベガがあります。ベガは自壊自転速度の94%を超えているとされ、超新星爆発が懸念されるオリオン座のベテルギウスと同様に織姫がなくなってしまう可能性もあり、将来七夕を楽しめなくなる日が訪れるとも言われています。

乞巧奠の概要と飾り付け

乞巧奠は、牛郎織女伝説の機織りの名人織女にあやかり織女に対して供物を捧げ、一晩中香を焚き上げ裁縫や機織などの上達を織女に祈願する儀式です。乞巧奠の儀式では、古来より笹の葉の音が神を呼び寄せ神の依代になると信じられて来た竹に、5色の糸で縒った糸を通した7本の針を掛け、竹に掛けた五色の糸が風になびく様が織女を象徴する様になり、現在では5色吹き流しが七夕の飾り付けとして用いられています。

一般的な七夕の飾りつけとしては、様々な願いを綴った五色の短冊や無病息災を願う折り鶴、豊年豊作や大漁を願う網飾りなどが用いられます。七夕飾りは、川や海が天の川に繋がっていると考えに基づき海や川に流す七夕送りが行われますが、環境的な問題もあり7月8日の夜にお焚き上げを行う地域もあります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう