日本で有名な七夕のイベントとは? - 七夕 2018年7月7日 -

日本で有名な七夕のイベントについての解説。仙台七夕まつりや湘南ひらつか七夕まつりなど。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

「七夕」の由来と意味

七夕は、中国や台湾、日本、韓国、ベトナムなどにおける節日の一つであり、五節句にも数えられます。旧暦では7月7日の夜のことを指し、日本ではお盆との関連が深い年中行事でしたが、明治改暦以降にお盆が新暦月遅れの8月15日前後に行われるようになってからはお盆との関連性は薄れ、七夕単体で祝われるようになりました。

日本の「たなばた」は元来中国の行事であった「乞巧奠(きこうでん)」が奈良時代に日本に伝わったことと、日本に古来からあった「棚機(たなばた)」、「織姫と彦星の伝説」とが合わさってできました。奈良時代以降、7月6日の夜から7月7日にかけては神事や祭りが催されており、江戸時代には短冊に願い事を書いて葉竹に飾ることが全国で行われるようになりました。この風習は日本独自のもので中国や他の国では見られない習慣で、現代まで続いています。

元々は詩歌管弦の遊び行事であった

奈良時代に中国から伝わった乞巧奠は庶民の間では広まらず、主に宮中の年中行事として催されていました。毎年7月6日・7日の乞巧奠の時期になると宮中では神様にお供え物をし、牽牛座・織女星を眺めたり、詩歌管弦の遊びをして過ごしていました。

時代が進んで江戸時代になると、乞巧奠は「たなばた」と名が変わり、庶民の間に民間行事として広まるようになりました。庶民の間で、七夕には梶の木の葉に和歌を書く習慣ができ、歌の上達を願うものとして広まりました。その後、江戸幕府が五節句の一つと定めたことにより、当時庶民の間で広まっていた習字の上達を願う習慣が全国に伝わり、一般的になったのです。この時は笹の葉には芸時の願いが中心に書かれていたのですが、年月が経つごとに芸時以外の願望が書かれるようになり、現代では「好きな願いを書く」という風習となっています。

日本で有名な七夕祭りのイベント

七夕祭りは、庶民の民間行事となった江戸時代から行われており、時代の流れでなくなってしまったものも多くありますが、現代でも行われているもの・有名な祭りもあります。

現代では奈良時代に行われていたような神事の意味は薄れており、観光目的で開催される祭りが多くなっています。中でも観客数が最も多い祭りとして有名なのが、宮城県仙台市の「仙台七夕まつり」です。観客数は多い時で200万人にも上り、付随イベントとして「星の宵まつり」や「夕涼みコンサート」などのコンテストやコンクールなどのイベントが催されます。

その他にも、神奈川県平塚市の「湘南ひらつか七夕まつり」や愛知県一宮市の「一宮七夕まつり」、愛知県安城市の「安城七夕まつり」などには毎年100万人以上の人々が訪れるため、行われるイベントも多く、祭りの期間はたくさんの人でにぎわうのが特徴です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう