七種 - 2018年1月7日 -

七種の起源や語源、歴史、
また七種に行われる行事など七種に関することを解説。

-AD-

七種

1月7日は七草の日と言い、朝に7種の野菜が入ったお粥を食べる風習があります。春の七種とは、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずしろ、すずなといった植物で、これら七種を食べる1月7日は、人日の節句という五節句のひとつです。昔、唐の時代、その国の人たちは七種類の野菜を入れた汁物を食べる習慣がありましたが、これが日本にも伝わったことが元となります。そして、加える野菜の数から、日本では七草粥と呼ばれています。

昔、中国では前漢時代に、元旦は鶏、2日は狗、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人、8日は穀と、各日に生き物をあてて占うと共に、それぞれ占いの対象物を大切に扱う風習がありました。中でも、7日は人を大切にする「人日」という節句で、この日に七種類の野菜を入れた汁物を食べる風習がありました。そして平安時代になると、中国のこの風習が日本にも伝わります。そこに日本流のアレンジが加わり、七草を加えたお粥を食べるようになったのです。

七草粥の元ととなる思想は、平安時代に中国から伝わります。そして室町時代になると、お粥として食べる風習に変化し、江戸時代には、七草の節句を五節句の一つと定めるようになります。こうして七草の節句が五節句の一つと決定されたことで、大衆に七草粥を食べる習慣が広がっていきました。よって、七種は江戸時代から日本で盛んになってきた風習と言えます。庶民だけでなく将軍家でも食べられており、文字通り日本全体に広まりました。

七草粥は、お正月で疲れた胃を元に戻してくれる役割も持っていますが、お粥に七種を加えるだけのため、非常にシンプルな味わいです。そこで最近では食べやすくするために、出汁や塩を加えて味を調整したり、お正月の残りのおかずや梅干し、焼き魚など、味に変化をもたらしてくれるものを合わせることが増えました。また、本来は朝に食べるものですが、今では朝にこだわらず、昼や夜などの好きなタイミングで食べることが多くあります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう