万年筆の選び方は、用途を考えることが大切 - 万年筆の日 2018年9月23日 -

最近では、パソコンやスマートフォンが普及しており、手書きで文書を書くことは少ないです。
しかし、時には、美しい文字で挨拶文などを書くこともあります。万年筆といっても、さまざまな種類がありますので、用途に見合った選び方をすることが大切です。

-AD-

字が上手な人でなければ万年筆を使いこなせない

ボールペンや鉛筆などですと、筆圧を考える必要はありません。カーボン紙などへの記入の際には、筆圧がなければなりませんので、万年筆で記入することはできません。万年筆は、筆圧ではなく、力を入れず毛筆のようなイメージで軽く文字を書くツールだと考えてください。美しい字が書ける人でなければ、使いこなすことはできないです。

万年筆を利用する用途をよく考えることが、より良い万年筆の選び方です。とても高価な商品もありますので、簡単に選ぶことは避けるべきです。選び方にこだわって購入した万年筆は、一生利用できるほど愛着心がわくものです。使い慣れるまでに時間はかかりますが、ペン字を習えば、美しい文字を書けることができます。

実際に文字を書いて購入する万年筆を選ぶ

万年筆は、とても高価で、一生利用できるものですので、選び方は慎重にすべきです。ネットの通販サイトなどで販売していることもありますが、実際にご自身で文字を書いてみなければ、使い心地を理解することはできません。用途も考える必要があります。

常に持ち歩いてメモなどでも万年筆を利用する人もいますし、手書きで思いを伝えたい時に利用するだけという場合では、用途が異なりますので、前者の場合には、比較的安くデザインを重視している万年筆でもでもよろしいですが、後者の場合ですと、ボールペンなどよりも、美しく文字がかけるペン先を選ぶことや、グリップ部分などを持って、書きやすいと思える商品でなければなりません。

デザインと機能性を重視すること

あまり見かけることはありませんが、万年筆を仕事で利用する場合の商品の選び方は、お客さんに見られる機会も多いので、デザイン性を重視されるとよろしいです。使い慣れますと、便利なのが万年筆です。用途が、簡単にメモ書きをするという場合ならば、選び方は、機能性が高く、書きやすいものがよろしいです。

万年筆は、インクが水溶性であることが多く、書いても水分などを含んでしまいますと、文字の鮮明さを維持することができない場合もあります。万年筆を利用する人は少なく、美しい文字をかける人はそれほど多くはないですが、利用しているだけで、お客さんなどから尊敬されることもあります。万年筆の選び方は、用途に沿っており、費用対効果の高い商品を利用すべきです。

お店の担当者にわからないことは聞く

万年筆の選び方に困った場合は、お店の担当者に利用する用途などを伝えて、納得できる商品を推奨してもらう方法が最もよろしいです。万年筆は、高価な場合も多く、自分自身では決められないこともあります。最も良い選び方は、さまざまな万年筆で実際に文字を書くことです。実際に書いてみて、満足できないならば、担当者に感想を伝えて、満足できる万年筆を用意してもらえばよろしいです。

用途に応じた万年筆の選び方は、自分自身ではわからないはずです。また、選び方として、メンテナンスの容易さということも重要なことです。用途として、時々利用するだけならば、インクが固まってしまわないようなタイプ、インクの取り換えが簡単な万年筆を選択すればよろしいです。

万年筆を使いこなせば、仕事が出来る人と思われる

用途に応じた万年筆を選択することが最も大切なことです。筆圧が必要な二枚つづりの用紙に必要事項を記入する場合には、ボールペンでなければ対応することができません。しかし、万年筆を利用する用途として、美しい文字を書き、心のこもった手紙などを書く場合には、万年筆がよろしいです。

万年筆を活用している人は、文字がキレイな人が多く、利用者が少ないので、他人からは仕事が出来る人と思われるメリットもあります。100円ショップでも万年筆はありますが、書き心地は良くないですし、高級感も全くありません。万年筆は一生利用するものと考えて、マイネームを打刻すれば、欠かせない日々のアイテムにもなります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう