万年筆を上手に使う!書き方とコツ - 万年筆の日 2018年9月23日 -

手紙や、お礼状、招待状などで、万年筆で字を書く機会も多いでしょう。
綺麗な文字を書くために、コツや書き方を覚えておくことで、気持ちのこもった手紙や、ハガキを書くことができます。

-AD-

気持ちのこもった文字を万年筆で書く

万年筆は、使い慣れていない人にとっては、難しいと感じる人も多い傾向にあります。万年筆は、正式な文書や、手紙を書くときに使われて、受け取った相手にも敬意を表します。もらった人にも、気持ちのこもった文体で、きれいな文字で書かれているのは、気持ちが伝わります。

万年筆で綺麗に書く書き方を覚えておくことで、上手に手紙やハガキを書くことができるので、覚えておくと良いです。書き方のコツをつかめば、万年筆で上手に書けるようになります。正式な文書も万年筆を使うことが多いので、気持ちのこもった文字で、綺麗に書く練習をすることも大切です。大人としてのマナーも身につくので、時間を見つけて、万年筆を使うのも上達するコツです。

正しい持ち方で均等に持つ

万年筆の正しい持ち方は、力を入れすぎなことが大切です。鉛筆や、ボールペンを持つように力を入れすぎると、インクににじみができたり、書いたときに、インクが多く出すぎることがあります。筆圧が濃い人は、特に注意が必要です。万年筆の書き方は、持ち方によって違いがでるので、コツをつかむまで、ゆっくり万年筆のクセや、特徴をつかんでいくようにしましょう。

正しい持ち方は、最初に人差し指で軽く握ることです。人差し指を添えてから、親指を下に入れることで、自然な力が加わり、握る力が均等になります。人差し指を軸にして、軽く下から親指を添えるように優しく持つようにしましょう。均等な力が入ることが正しい持ち方です。

万年筆の特徴をつかみながら書く

万年筆の正しい書き方は、ペンの先がポイントになります。紙に対しての角度がコツで、万年筆を寝かせすぎても、直角になりすぎても、インクの出方が異なります。

正しい書き方のコツは、インクの色や、出具合を確認しながら書くのがコツです。にじみが出たり、濃すぎたり、薄すぎるのは、書き方の角度が調整できていないので、万年筆の先を軽く寝かせるようにしましょう。角度は、45度程度を目安に書くのがコツです。万年筆のクセもあるので、特徴をつかんで、筆圧や、インクの出方を確認しながら、ゆっくり書いて、慣れていくのが上手な書き方のコツです。紙の質や、筆圧によっても、万年筆の書き方に違いが出るので、調整しながら書いていきましょう。

ゆっくり落ち着いた気持ちで書く

文字をきれいに書くコツは、常に一定の力を保って書くことです。途中で、筆圧が変わったり、持つ角度を変えると、文字の形も変わります。綺麗に文字を書くコツは、ゆったりとした気持ちで、集中して書くことが大事です。

気分によっても、字の形は変わるので、落ち着いた気持ちで書くようにしましょう。綺麗な文字を書くコツは、気持ちを込めて、ゆっくり丁寧に書くことです。万年筆の動きや、ペン先に注意を払い書き方に意識していけば、綺麗な文字を書くことができます。一定の筆圧を保って書くことで、字体も丁寧に書くことができます。文字を書くのが苦手な人は、下書きに、各前に文字を練習すると、丁寧に書くことができるでしょう。

万年筆で綺麗な手紙を

普段は、ボールペンや、鉛筆を使っている人も、万年筆の書き方を覚えることで、字を書くことにも自信がつながり、マナーの勉強にもなります。自分が書きやすい万年筆を使い、長年使うことで、特徴をつかむことができるようになります。万年筆は、さまざまなタイプがあるので、持ちやすいもの、自分の気に入ったタイプを選ぶようにしましょう。

長い歴史の中で、古くから出ているタイプもあるので、持ち方や、筆圧を知り、書きやすいものを選ぶと良いでしょう。心のこもった手書きの文書や、手紙は、送った相手も喜びます。上手に書けるような書き方や、持ち方を覚えて、お世話になっている人に、手紙を送るのも素敵です。正しい書き方を練習すると、綺麗に描くことができるようになります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう