世界人権デー(Human Rights day) 12月10日

世界人権デーの日の起源や語源、歴史、
また世界人権デーの日に行われる行事など世界人権デーの日に関することを解説。

-AD-

世界人権デー(Human Rights day)とは

世界人権デーは毎年12月10日に制定されています。これは各国共通であることから世界と言う頭文字がついていると言うことです。その起源は、1948年のこの日に世界人権宣言が採択されたことにさかのぼります。世界人権宣言では、すべての人民とすべての国が達成すべき基本的人権についての宣言で、正式には人権に関する世界宣言と言う名称がつけられています。この宣言は、世界の人権にまつわる規則の中でも最も基本的な意義を有しているものだと言われています。

世界人権デーの由来は先にも述べたとおり、世界人権宣言の採択です。その2年後の1950年には、このことを記念し、採択された日に記念行事を行うことが制定され、この日は世界人権デーとなったと言う由来があります。世界人権宣言は、これが採択された後、国連で結ばれた人権条約の基礎ともなっている宣言です。ですから基本的人権に関して意義ある内容が宣言されたと言え、それを受けて、国際的な人権の在り方、普遍的な人権のあり方を探ろうと言う目的が、この日にはあると言えます。

世界人権デーが制定されたことを受け、日本では1949年に12月10日を最終日とする1週間を人権週間にすることが定められています。世界人権の主旨と重要性を広く日本国民に訴えかけると共に、人権尊重の普及、向上がこの週においては目的とされています。ですから人権週間が制定されてから、日本国内においても世界人権デーの存在が知られるようになり、そのことに対する関心が高まったと言うことができます。教育機関でも、この週には人権に対する学びを深める機会が多く創出されるようになっています。

世界人権デーの特徴としては、世界は勿論のこと、日本においても様々なイベントが開催されていると言う点が挙げられます。その中でも特に最近、増えてきており、話題に上がることが多いのが性的マイノリティと呼ばれている人たちが開催しているイベントです。性的マイノリティの人権に対しては、日本は先進国の中でもかなり遅れをとっていると言う現状があります。その中でその当事者たちが声を挙げ、性的マイノリティを知ってもらうこと、またその理解を深めることに対して尽力をしています。この日だけでなく、日頃からすべての人権に対して意識を傾けることが求められます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう