ユニークな占いの方法をやってみよう - 世界占いの日 2019年9月9日 -

世界にはいろんなユニークな占いの方法があります。身近な食べ物を使うものもありますし、昔ながらの道具を使うものもあります。
占うことで、自分の悩みの解決へのヒントにしてみるのも良いでしょう。

-AD-

占いをしてヒントを得る

世界各国にいろんな占い方法があります。占い自体の歴史は非常に古く、世界で最も古いとされる占いが生まれたのは星をみるようになった古代メソポタミア文明の頃だといわれています。占いは自分が迷っていることがある時などに選択の1つを見つけるためのヒントとしてやってみるのが良いです。

また友達同士、家族、恋人同士、会社の同僚などコミュニケーションをとるためにも役立ちます。いろんな占いの方法がありますので、気に入ったものを皆でやってみるというのも楽しいです。

ただ占いの方法によっては自分で出た結果から答えを見つけなければいけないというものもあり、ある意味では少し難しいものもあります。タロット占いなどはその1つだと言えるでしょう。世界にはユニークな占いの方法がいろいろとありますので、どんなユニークな方法で占っているのか、少しご紹介します。

神話に出てくる龍亀を使う台湾の占い

台湾の神話に龍亀が出てくるものがあります。その龍亀の像を使って占いをするのがこの「龍亀占い」です。渡された紙に誕生日、名前、生まれた時刻を記入し、龍亀の像の上に手を置いて名前や生年月日、占いたいことを3回唱えながら像を回して、お札をとるだけです。

ただこの方法で占った時にもらうお札に書かれている文字はなんとチベットの文字なので、よほどチベット語に詳しい方でなければ理解することは難しいです。通訳さんがいる場合には訳してもらうといいです。台湾では非常に占いが身近なものとなっており、このユニークな龍亀占いもとても人気がある方法となっています。台湾へ出かけた際には一度占ってみるのも面白いです。

自分でもできるユニークな占い

せっかくですから占ってもらうばかりではなく、ユニークな方法などで自分自身で占ってみるのも楽しいのではないでしょうか。例えば簡単にできるユニークな方法として、電卓を使う相性占いがあります。相手の名前さえわかればすぐにでもできます。計算が得意な方であれば電卓なしでもできます。

名前の母音である「アイウエオ」と「ン」の6文字をそれぞれアからオまでが1から5、「ン」は0として計算します。これを自分と相手の名前にあてはめて数字を出します。そして全ての数字を足しましょう。あとは出た数字を1以下の数字になるまで2で割り続けるだけです。例えば0.79と最終的に出た場合はこれに100をかけた数字が2人の相性です。この場合、相性の良さは79%ですから、相性は良いほうだといえます。

占いはあくまで参考程度に

占うことで悩んでいる時のヒントの1つにするのは良いです。ユニークな方法などもありますので、楽しみながら自分でいろんなことを考えるのも楽しいからです。ただし時々、占うことに真剣になり過ぎて、「ユニークだからやってみよう」ではなく、「今回は占い結果が良くなかった、どうしよう?」となってしまうのはあまり良いことではありません。

占うことはあくまでもサポートであり、自分の人生を決める最終的なものではないからです。何かを決めるのはあくまで自分自身であるということを忘れないでおきましょう。しょっちゅう占うようになったりすることは占いに依存しているということになります。悪い結果が出たとしてもあくまでも参考であり、必ずそうなるということではありません。ヒントとして、自分がどうすべきか、どうしたいのかを考えるようにするのがベストです。

占いでポジティブになる

占うということを自分がポジティブに考えるために使うというのも一つのメリットだといえます。占いにはユニークなものがとても多く、意外と身近なもので占うものもあります。例えばコーヒー、米粒などいつも自分が口にしているものも占うために使うことができるのです。

大事なことは悩んでいる時に前向きになれるために占いを活用するということなのです。あまり良くない結果が出たとしても、そうならないためにはどうしたら良いのか、こうしたらいいかもしれないと良い方向へ向かうことができるように行動するヒントにすることができれば占ったかいがあったというものです。

ただ占いといってもいかにも怪しい高額な料金をとって占う占い師もいますので注意は必要です。ユニークな自分でもできるような占いから始めてみるのがオススメです。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう