世界環境デー(World Environment Day) 6月5日

世界環境デーの起源や語源、歴史、
また世界環境デーに行われる行事など世界環境デーに関することを解説。

-AD-

世界環境デー(World Environment Day)とは

日々生活する中で、自分がどんな環境の中で過ごしているのか意識する事は余りありません。ですが、刻一刻と世界中の環境は変わって生きます。世界環境デーはその事を考える良い機会になります。1972年の6月5日にストックホルムで制定されていて、国連による国際的な記念日です。今や環境問題は一つの国だけで考える事ではなくなっているという事の証ですから、自分たちの未来をよくしていくためにじっくりと考えてみましょう。

日本では環境基本法を基にして、平成5年に6月5日を環境の日と定めています。世界環境デーとともに、身近な環境問題から、他の国の環境についてグローバルに視野を向けて改善に取り組めるようにしたいものです。環境と言っても、住居問題だけではなくて、森林や動物、多岐にわたる観点から環境全体を考えていかなくてはいけません。地球という自分たちが住む環境を壊す事のないように、丸ごとしっかり見据えていけるようにする日でもあるのです。

やはり環境の日と制定された平成5年からは徐々に環境について意識する事も増えてきました。貴重な動植物たちが絶滅に脅かされているのであれば、それを何とかして食い止めなくてはいけません。大気や土壌の汚染なども続いていますし、戦争等での破壊や貧困なども、自分たちが作ってきた環境として受け止めて改善していかなくてはいけない事です。6月の1ヶ月間は環境月間として、日本各地でもいろんな行事が行われているのでぜひ参加してみましょう。

世界環境デーが制定されてから、随所で環境について一般の人たちも考える機会が増えました。ゴミ拾いなどもそうですし、ペットボトルのキャップの回収、リサイクルやリユースなどもこうした環境を考えようということがきっかけで行われてきたのです。東京で行われるような大規模なイベントでは、8万人近くの来場者を動員するほどです。もちろんイベントに参加しなくても、普段から環境を良くするためにアクションを起こす事は大切です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう