禁断症状の種類と克服の仕方 - 世界禁煙デー 2017年5月31日 -

-AD-

禁煙をすると禁断症状が現れる理由や種類

禁煙を始めると、禁断症状が現れますが、この症状の多くが煙草を吸いたいと言う欲求によるもので、イライラする、物事に集中出来ないなどであり、この症状を克服する事で禁煙を成功に導いてくれます。

禁断症状が現れる原因は、脳内物質のドーパミンの分泌が行われなくなるからなのです。煙草にはニコチンが含まれていますが、ニコチンは喫煙をすると同時に脳内物質のニコチン受容体に結び付き、神経伝達物質の一つでもあるドーパミンを分泌し、煙草が美味しい、リラックスが出来ると言う満足感に繋がります。

しかし、ニコチンが切れてしまうと、ドーパミンの分泌が行われなく、煙草が欲しいと言う欲求が高くなり、禁断症状が生じるのです。

頭痛やめまいなどの禁断症状の種類を克服

禁煙時の禁断症状と言うとイライラする、集中が出来ないなどが起きる人が多いのですが、ニコチンを断つと3日ほどで身体からニコチンは完全になくなり、こうした症状が生じなくなります。

煙草が欲しいと感じる症状は禁断症状の中でも最も多いもので、発生頻度としては禁煙をした人の約70%になります。煙草が欲しいと感じる期間は2~3日がピークで、3週間も経過するとほとんどなくなるので、この2~3日を我慢する事が禁煙を成功に導く秘訣にもなります。

人によっては禁煙開始後1~2日ほど、頭痛やめまいと言った禁断症状が生じるケースもあり、克服する方法としては、姿勢変換をゆっくりと行う事で症状を抑え克服する事が出来るようになります。

眠気や不眠と言う禁断症状の種類の特徴

禁断症状の中でも比較的長期間の症状が続く種類として、眠気や不眠が挙げられます。この禁断症状が現れる人は、全体の約25%程度と言われていますが、禁断症状の種類の中でも少々厄介なものと言えましょう。

特に、車の運転をしている人などの場合、眠気が襲われてしまうと交通事故と言う問題にも繋がります。この症状を克服する方法としては、徹底的に眠る事に限るのですが、症状があまりにもひどい場合には、医師の指導を受ける、そして睡眠薬を処方して貰うなどの対策が必要です。

また、禁断症状の種類の中でも厄介なのが便秘です。女性などの場合、普段から便秘症の人も多いかと思われますが、克服法としては水を多く飲む事、そして繊維質の多い食事を心がける事が大切です。

イライラは禁断症状のなかでも種類が多い

禁煙を開始して1~2週間続くと言う禁断症状の種類にはイライラ感があります。イライラ感と言う禁断症状の種類は、仕事をしている時など物事に集中出来なくなり、仕事でミスをしてしまうと言う事にも繋がります。

イライラ感を克服するためには、深呼吸を行う、リラックスする方法を考えるなどの工夫を行う事で克服する事が出来ます。また、集中力が低下すると言うのは、禁煙開始後2~3週間と言われていますが、仕事をしている時に無理をしないと言う事が一つの解決策と言えましょう。

なお、食欲の増加と言うのも禁煙をする人の多くが経験するものです。食べ過ぎないように注意をする事、野菜を中心とした食生活を心掛ける事が大切です。

辛い禁断症状の期間はわずか

禁煙をする事で色々な禁断症状が現れますが、何れも禁煙開始後2~3週間で収まるものばかりです。

頭痛やめまいなどの症状は発生頻度としては低く、症状が現れたとしても禁煙開始後1~2日、イライラ感などについては禁煙開始後1~2週間、集中力の低下などについては禁煙開始後2~3週間、個人差はあるものの1~2週間がそれぞれの禁断症状のピークであり、これを過ぎれば禁煙に成功すると言う事になります。

それぞれの禁断症状には克服法があるので、こうした症状が現れた時には何をすれば良いのかを知っておけば、禁煙を成功に導く事が出来ますし、それぞれの症状に対して克服する事が出来るようになるのでお勧めです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう