「禁煙」と「太る」の因果関係と対策 - 世界禁煙デー 2018年5月31日 -

-AD-

禁煙で太るというのは本当なのか

禁煙で太るというのは、嘘だと思いたいところですが本当です。原因はタバコに含まれるニコチンが大きな要素であり、口さみしさを感じやすくなります。

タバコをやめると体は、健康な状態に戻ろうとします。味覚も健康に戻るため、何を食べても美味しいこともあり、太りやすくなります。対策としては、その味覚が正常になったことは受け入れて、食べ過ぎない食事のコントロールをすることです。

食事と運動の対策こそが、健康体を維持する上でも必要な要素です。タバコのせいにばかりできないのは、自分がいかに自分と向き合い、食事と運動の努力も合わせてしていくかどうか、こうした根本的なことにかかっています。

太るのは事実

禁煙をすることで太るのは事実です。その原因を軽く紹介するとしたら、それはニコチンにあります。タバコを吸うとひと時の快楽の中に陥りますが、それは長くは続きません。

煙が特徴のタバコは、有害な物質を含むことでも知られています。その中のひとつはニコチンであり、健康に悪いというのは知られていますが、具体的に何が悪いのかは、あまり深い理解はないでしょう。しかしニコチンこそが、食べるということへの欲求に拍車をかけていますが、そのニコチンは禁煙をしている間に吸い込むことはなくなります。

健康の為には、ニコチンがないことは正しいものの、禁煙をしている時に太りやすくなる要素も、ニコチンにあると言えます。

禁煙をすると太る原因

せっかく禁煙をしても、太るという嬉しくない事が起きるのには、それなりの理由があります。まずはタバコのニコチン、これが大きく足を引っ張ります。

タバコを吸うとニコチンが体に入り、セロトニンやドーパミンなどのホルモン分泌があります。食欲を抑える作用もあるのが、これらのホルモンの働きでもあるので、タバコを吸うと食欲が抑えられていたわけです。大きな理由のひとつはこれです。

そして2つ目は、喫煙をすることでの禁断症状です。さらに3つ目は、とにかく口さみしいわけです。大人の人間が口に何もいれることができないこと、これが今まで自由にタバコで気分転換してきたのを、できなくなったことでのストレスで、食べてしまいます。

禁煙で太らない対策と改善策

禁煙で無駄に太ることのないように対策をすること、改善策を実践することで壁を乗り越えていきましょう。対策の一つは、体動かすことです。運動をすること、家の掃除をすることなどなんでもいいのでとにかく体を動かしましょう。

また、太るというのは明らかに食べ過ぎであり、対策は食事への見直しも必要です。この対策は肥満にならないためにも、健康体を維持するためにも必要です。特別な対策ではなく、解決策はいたってシンプルです。

心が負けてうっかりタバコには走らないこと、この点にも注意です。タバコを卒業すると決めたのですから、その先は禁煙を継続して、健康のためにも食事管理と運動が大事です。

「禁煙で太る」と言われるわけ

禁煙で太るわけではないということ、ここは重要なポイントでしょう。まずはミクが正常に戻るということ、今まで乱れていた脳内の働きも正常になるので、普通に食欲が出てくること、これが太りやすいと感じる理由です。

タバコを吸わないから、間食も口がさみしいために増えます。対策は体を動かすこと、暇な時間をむやみに過ごしてしまうと、無意識に食べようとします。でも食欲も、自分でコントロールはできます。

健康を取り戻すために、タバコをやめる決断をしたのですから、一時的な食べ大病の壁は、乗り越える努力も必要です。誰でも食べ過ぎれば太りますし、過剰なカロリーを摂取市内で、運動をすれば体重は正常に落ち着きます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう