体育の日 - 体育の日 2017年10月9日(10月第2月曜日) -

-AD-

体育の日

「体育の日」は10月の第二月曜日で国民の祝日です。「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」ことを趣旨としています。この季節は天候も安定し、スポーツを行うのに適した気温・湿度であることが多いため「スポーツの秋」とも呼ばれます。国民が皆、適度な運動を行い健康を維持することは国の利益にもつながるという考え方からこのような祝日が制定され、国民に広く健康を意識することを勧めています。この日の前後に行われるスポーツ関連のイベントも多くあります。

「体育の日」の由来は1964年に開催された東京オリンピックを記念して、その開会式の10月10日を「体育の日」としたのが始まりです。10月10日が東京オリンピックの開会式に選定された理由は晴れになる確率が高い「晴れの特異日」であったからという説がありましたが最近は否定的な説も出ています。元は10月10日だった「体育の日」ですが、2000年からは「ハッピーマンデー制度」の導入によって10月の第2月曜日に変更され今に至ります。

「体育の日」は、東京オリンピックの後、日本の高度経済成長期も頂点に達するころから、経済的にも余裕が出てきてスポーツに対する関心も高まり、さまざまなイベントがこの日の前後に行われるようになりました。運動会といえば春に行われることも多いですが、学校や幼稚園、町内会、企業などの様々な運動会がこの日の前後に催されます。自治体などが主催するスポーツ関連のイベントも多く、公共のスポーツ施設では無料開放になることもあります。

国民に親しまれている「体育の日」ですが、名称を「スポーツの日」に変更しようという動きがあるとの報道がありました。2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されるのを機に、「体育」よりも自発的に楽しむ意味の強い「スポーツ」の意義を広めようという趣旨で、名称変更に向け祝日法改正案を作成するプロジェクトチームが超党派でつくるスポーツ議員連盟によって設置されたとのことです。早ければ18年からの変更を目指しているそうです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう