元日 - 2018年1月1日 -

元日の起源や語源、歴史、
また元日に行われる行事など元日に関することを解説。

-AD-

元日

元日とは1月1日を表し、元旦というのは1月1日の朝のことを表します。「元」という字には文字通り「一番最初」という意味があり、「旦」という字には「朝」や「夜明け」という意味があります。年の始まりを祝う国民の祝日で、古来よりこの元日は、すべてに命を与える神である歳神様を祭るための行事が行われてきました。また、大晦日にはこの歳神様を起きて迎えるために、一晩中寝ないで起きていることが多かったとのことです。

元日は、日本で最も古い行事であるとされています。その起源はあまりに古いため、今でも詳細は分かっていませんが、6世紀頃、日本に仏教が伝来したときには、もう元日の行事は存在していました。本来この日は、先祖に対しての供養を行う日でしたが、人々の間に仏教が広まるにつれて違った意味を持つようになり、豊作を願って歳神様を祭る行事へと変わっていきました。また、元旦には井戸から汲んだ水を歳神様からの頂き物として飲む習慣がありましたが、徐々に衰退していきました。

元旦は、はるか昔から人々の間で行われてきた行事のため、明確にいつから盛んになってきたのかということは分かっていません。ただし6世紀頃にはすでに元日が存在していたことから、少なくとも6世紀には人々の間で行われていた行事だと言えるでしょう。この行事は、その歴史の時々によって少しずつ意味合いや行う内容を変化させながら、今現在でも国民にとって大きな行事の一つとして根付いています。そういった意味では、近年が一番盛んであると言えるかもしれません。

昔は、豊作を願って行われた行事ですが、現在ではそのような意味合いを持って行われることは少なくなりました。しかし、昔からの風習で、今現在も続いているものがあります。歳神様を迎えるために門松を門の前に飾ったり、鏡餅を備えたり、元旦までに準備したおせち料理を食べたりすることです。昔おせち料理は、自宅で調理したものを用意していましたが、現在ではデパートや飲食店で購入して済ませるなど、簡略的なものになることも多いです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう