入梅 6月11日頃

入梅の起源や語源、歴史、
また入梅に行われる行事など入梅に関することを解説。

-AD-

入梅とは

入梅とは現代的に言えば梅雨に入ることを指します。梅の実が黄色く色づくころですが、実際の梅雨入りとは時期が少しずれていることもあります。入梅は6月11日、もしくは12日とされています。気象上の梅雨入りは毎年気象庁が発表していますが、地域によって異なります。起源についてはわかっていませんが、中国から伝わってきたといわれています。中国も日本同様、同じころになると長い間雨が降る季節があります。地域によって雨量などは異なります。

入梅、つまり梅雨の由来にはさまざまな説があります。漢字は中国から伝わってきました。毎日雨が降るので、「毎」の字を、そのころ実が黄色くなる「梅」に当てたという説や、文字通り梅の熟すころの雨という説があります。梅雨はもともと「ばいう」と読んでおり、「つゆ」と読み始めたのは江戸時代ごろからだと言われています。梅雨自体は昔からあったはずのものですが、その語源については謎な部分も多く、はっきりとわかっている文献がありません。

入梅、梅雨は人間が存在する遥か昔から存在していた地球上のサイクルです。これは日本だけでなく東アジアの国々全体で見られる天候です。ただし近年の人間活動によって環境も大きく変動してきています。都市部での気温の上昇が分厚い雲を作りだし、都市部ではゲリラ豪雨と呼ばれる集中的な雨が増えてきています。もちろんゲリラ豪雨は梅雨時期にもあります。中国では長江が長い雨の影響によって、たびたび氾濫することもありました。

入梅という表現をすることはあまりなくなってきていますが、「梅雨入り」という言葉は毎年必ず目にするものです。特に農家は梅雨の時期を見て稲を植えますので、梅雨がいつからはじまるのかは生きていくうえでも非常に重要なことです。毎年梅雨入りがいつからなのかは、気象庁が発表する予報を見ればわかります。また梅雨が終わる時期の発表もあり、梅雨が終われば暑く日照時間の長い夏がやってきます。毎年梅雨明けを待ちわびている人も多くいるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう