冷凍食品の日 - 2018年10月18日 -

10月18日は冷凍食品の日です。冷凍のトウと世界共通の管理温度-18度から由来しています。
1960年代に普及した歴史のある冷凍食品は簡単で手軽であることから、今ではどの家庭にもあり食卓の必需品であると言えるでしょう。

-AD-

冷凍食品は魅力がいっぱい

冷凍食品の魅力は何と言っても簡単で手軽であることです。品数も豊富で、季節や時期にかかわらず、いつでも安く美味しさを楽しめるというのが魅力です。今や冷凍食品は我々の生活に無くてはならないものとなっています。お弁当用のおかずだけでなく、パスタやラーメン等メインとして食べられるものや野菜、カットフルーツ、パン等たくさんの種類の冷凍食品が販売されています。もう一品何かおかずが欲しい時や料理をするのが手間な時等、レンジで温めるだけですぐに食べられるので、いつも冷凍庫にストックしてある方も多いかと思います。

ところで、10月18日は冷凍食品の日というのをご存知でしょうか。この日は、冷凍食品の販売促進の為、様々なイベントやPR活動が行われます。その由来と冷凍食品の歴史を知れば今よりもっと冷凍食品が身近に感じられるかもしれません。

冷凍食品の日の由来を知ろう

ではなぜ冷凍食品の日が10月18日に制定されているのか由来をご存知でしょうか。その由来は、10月が冷凍のトウ(10)につながるということ、そして18とは、国際的に冷凍食品の品質を保つ世界共通の温度が-18度以下であることに由来しています。これは1986年に日本冷凍食品協会によって定められました。

また、10月は食欲の秋でもあるということに由来して、「冷凍食品月間」とされ、10月は冷凍食品の販売促進の為、冷凍食品に関するセミナーや講習会を開催したり、冷凍食品を使ったアイデア料理の試食会等、イベントやPR活動が積極的に行われているようです。日本冷凍食品協会のこれらの活動により、鈍化していた家庭用冷凍食品の売り上げは着実に伸びています。

日本冷凍食品協会とは

日本冷凍食品協会とは1969年に設立された、食品や農水産物の検査、分析を行う検査機関です。冷凍食品を通じて食文化の向上を図り、食品の安全供給と食料資源を有効利用した豊かな社会をつくっていくことを目的としています。その活動は冷凍食品の研究や調査だけでなく、一般消費者に対しての情報提供や料理講習会等多岐にわたります。また、新聞や雑誌、ラジオ等でも冷凍食品に関する情報を掲載、展開しています。その活動の一つとして冷凍のトウと世界共通の管理温度-18度を由来とした記念日を制定して販売促進を行っています。

協会は冷凍食品普及までの歴史に一役かっているといっても過言ではありません。よく冷凍食品に認証マークがついているのを見たことがあるかと思いますが、これも協会が運営する冷凍食品認定制度に適合した工場でつくられ、基準に適合したもののみつけられているもので、安全と信頼の目安となっています。

冷凍食品の歴史について

冷凍食品の日に由来して今度は冷凍食品の歴史についてみてみましょう。その歴史には諸説ありますが、歴史の始まりは1990年代のアメリカで、当時、ジャムにするためのイチゴを輸送するために冷凍したことが始まりと言われています。そこから保存のために冷凍するという概念が急速に広まり、その冷凍技術は主に輸送のために取り入れられていきました。

日本での冷凍食品の歴史は、1930年代頃に冷凍食品の元祖と言われる冷凍フルーツが普及されるようになったことが始まりと言われ、その後1960年代になって一般家庭に広く認知されるようになったと言われています。1970年の大阪万博でも冷凍食品は大人気となり、ファミレスの普及や電子レンジ、冷蔵庫の普及にも貢献しました。これら家電製品の発展の歴史を支えたのは、裏に冷凍食品の普及という歴史があったのです。1984年頃にはピラフやグラタン等の冷凍食品が発売され、1990年代以降には自然解凍で食べられるものも発売されました。このように冷凍食品の歴史は、元々は冷凍食材だったものから、調理済みの料理へと発展してきたのです。

冷凍食品は食卓の味方

10月18日は冷凍食品の日であることに由来して、冷凍食品の歴史についてもお話しました。冷凍食品を使えば、面倒な下処理や準備も不要で和洋中のジャンルを問わず本格的な味が家庭で食べられます。忙しい共働きの家庭や、自炊の苦手な一人暮らしの方にとっては大変心強い存在ですよね。また、急速に冷凍したものをー18度で低温保存、管理しているので、細菌が繁殖することもなく衛生的で長期保存が可能なので買い置きができ、忙しくて買い物に行けないときでも便利です。

保存料を使用する必要もないので、栄養も損なわれず風味もそのまま楽しめます。野菜の価格が高騰していても冷凍野菜であればいつでも価格が安定しているので、栄養価の高いお野菜を1年中食卓に出すことが出来るのも主婦にとっては魅力でしょう。冷凍食品の日に由来して、ぜひこれからも日々の食事に冷凍食品を上手く活用し、栄養バランスの良い豊かな食卓を楽しみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう