別れを決断する男女のタイミングの違い - 2019年3月1日 -

付き合っている中で別れを決断する場面というのが出てきます。
この決断は男女別々のタイミングで行うことが多く、そして別れへの準備、明確に伝えることを念頭に置くことも必要です。

-AD-

長年付き合ってきた人とは別れにくい

別れの決断というのはなかなかできないものです。もう少し何とかなるのではないかと思う人もいれば、嫌なことがあればさっさと別れる人もいます。ヨリを戻せるのではないかと思う一方、それは難しいだろうと考えてしまうこともあり、いくら別れたいと思っていても実際にそれを決断することは大変です。

しかも、男女で別れの決断をするタイミングは異なります。これ以上は無理と思った時点なのか、未練なく別れられると思った段階にするかは人それぞれです。ただ言えることは長年付き合ってきた人とは別れにくいということです。男女で別れを決めた方がいいタイミングというのも実際はあります。それもこれも、下手に長く引っ張って別れにくくなることを防ぐためです。

男性にとって別れを決めるべきタイミング

基本的に男性は前の恋愛を引きずる傾向にあり、別れてしまったことを後悔する確率も高いのが特徴です。スパッと決めてしまうことは後々引きずってしまう可能性があるため、もし判断をするのであれば、相手への愛情が形式的なものになっていると気づいたタイミングがベストです。

男女の関係になると、激しいスキンシップをしてきますが、それが形式的なものになってしまっていると気づいた段階である程度の距離ができていることを意味します。この段階で別れてしまえば、形式的に愛していた事実を受け止めることができます。愛情が薄れてきたことを伝えて、別れを告げれば女性側もある程度は納得してくれます。そして友達としての交流の余地を残したいのであればここが狙い目です。

女性が別れを決めるべきタイミング

男性と比べ、過去の恋愛を後悔することが少ない女性は、将来的なことをよく考えます。夢を追いかける男性、現実的に判断する女性という構図があるため、もし決めるのであれば将来的な展望が描けない場合というのがベストです。これ以上相手に期待するのは無理だとか、他の人と付き合った方が楽しいなどと心の中で思ったその瞬間に決断することで次の出会いにつなげられます。

男性のように年齢を重ねてもモテるケースがある一方、女性はそのあたりが不利です。男性に比べて決断は早めに行うべきです。その際に見切りをつけることが求められます。この人と一緒では幸せになれそうもないと思えば、すぐにでも別れを決めた方が男女双方にとってプラスです。

未練なく別れられる、いくつかの方法

未練がない状態でお互いが別れるには、何の予告もない中で突きつけるのではなく、あなたを多少不満に思っているという空気を事前ににじませておくことが大事です。心の準備をしてもらうことでとうとうその時が来たかと思ってもらえます。実際に伝える際も直接会っておくことが重要です。電話で告白するケースはナンセンスなように、電話で告げることもいわばナンセンスです。

そしてなぜそうするのか、具体的に説明することも未練のない形で終わりを告げることにつながります。新しい道に向かって頑張ると決めたら、もう連絡はとらないと思うことも大事です。友達としてうまく行く人もいますが、別れたら一切会わない、風の便りで知るぐらいがちょうどいいです。

お互いに納得するには、はっきり伝えること

なぜ未練が生じるかといえば、相手に迷いが見られることや条件次第でヨリが戻る可能性があることなどが挙げられます。これではお互いに納得することはできず、相手に対する執着が強くなっていく一方です。別れないといけないと思えば、なぜ別れないといけないかをはっきりと伝えること、そしてそのことを予告していくことが必要です。

勢いで伝えてしまうと必ずブレてしまって、後になって後悔することになります。こうした時こそ冷静にならなければならず、自分を納得させ、相手に理解してもらうには理路整然と伝えていくことも必要です。そして、今までありがとうと感謝の気持ちを述べることで関係性をきれいに清算できるものです。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう