別れの決断方法はタイプごとに違う - 別れ 2019年3月1日 -

別れを決断した場合、相手のタイプによって伝える方法が違うことを理解しておいてください。
はっきり拒絶をした方が良い場合と徐々にフェードアウトした方が良い場合などがありますので、相手のタイプを見極めることが大切です。

-AD-

別れたいのに別れられない

別れを切りだしたものの通じていないなんて経験ありませんか。実は相手のタイプによって別れを伝えても通じないということがあるのです。本気で捉えてもらえなかったり、聞かなかったことのように扱われて、別れることができない場合には注意が必要です。別れたいのに別れることができないという状況はとても苦しいものですから、しっかり決断できるように方法を学んでおきましょう。

今回は、相手のタイプによってどのようにして別れればいいのかをお話していきます。自分の相手がどのタイプに当てはまるのか考えながら参考にしてください。自分で出した決断を曲げさせられないようにしっかり芯を持って行動することが大切です。

拒絶の意思をはっきり伝える

モテるタイプの人と別れる方法で、一番大切なのははっきりとした拒絶を表すことです。「嫌いになったわけじゃない」と伝えて別れるのは絶対にやめましょう。ナルシストの場合、「そうは言っても本当はまだ好きなんだろう」と思い込んでいることがあります。こちら側からアプローチすればその気持ちは変わると思っているので、しっかり拒絶をしないと別れられないことがあります。

自分に自信があり、プライドも高いので拒絶された相手に対して歩み寄るということはしません。その為、きっちり別れたいと思うのであれば情も何もかも捨てることをおすすめします。はっきり拒絶の意思を明らかにしてください。中途半端な優しさを持ち寄ってしまうとダラダラと交際が続いてしまうことになりますので注意が必要です。

時間をかけて気付かせる方法

鈍感な人や繊細な人に告げる場合、時間をかけることが大切です。今まで何の様子もない中で告げられてしまうと、冗談だと受け取って真に受けない場合があります。また繊細な人の場合は動揺し過ぎてしまい、あり得ない行動に出てしまうこともありますので注意が必要です。

別れを決断した段階から徐々に冷たくしたり、連絡の頻度を減らしたりと分かりやすいアピールをしていきましょう。デート中につまらない様子を見せたり、身体の関係を一切断るのも効果的です。自分から気持ちが離れているのかもと相手が思うように仕向けていくことが大切なのです。繊細なタイプの人の場合は時間をかけてフェードアウトしていくことでトラブルにならずに関係を終わらせることができます。

怒らせないように注意

短気なタイプは別れ話が出た瞬間に怒りだしてしまう可能性が高く、場合によっては暴力などに発展することも少なくありません。その為、話を出す際には人目につく場所で行うようにしてください。間違っても相手の部屋や車の中で話し出してはいけません。自分の身を守る為にも、人目の多い場所で話すことが大切です。

また、短気なタイプは相手が決断したことに対して諦めるのも早い傾向があります。別れを伝えた段階で怒りの方が真っ先にくる為、感情的にその場を立ち去ってしまうことも少なくありません。そのような状況になってしまうと別れられたのかの確証が持てなくなってしまうので注意が必要です。信頼している人に立ち会ってもらうのもおすすめ。

別れを決断したら迷わない

相手との別れを決断した時に相手の対応次第で揺らいでしまう人がいますが、これは間違いです。自分が告げると決断した段階で相手との関係性は終わりを迎えています。一時の感情で取りやめたとしてもまた同じことで悩むことになるでしょう。一度終わらせることが必要な時もあるのです。ただし、自分自身に迷いがある段階で行うことのないように注意してください。

相手によって方法は異なりますが、真摯に向き合うことを忘れない様にしてください。どの相手であっても自分の気持ちをはっきりと伝えることが大切です。危険な状態になりそうな場合は一人で立ち向かうのではなく、第三者を交えて話し合うことも考えましょう。どの方法がいいのか迷った時には周囲の人に相談することも必要です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう