自然消滅の目安の期間は?別れの理由はあるのか? - 別れ 2020年3月1日 -

カップルが音信不通になる理由はそれぞれで違いますが、自然消滅の期間は一般的に1ヶ月程度とされています。
別れを決断する場合でも、よりを戻す場合でもまずはこの間に冷静な判断を下していくことが大切です。

-AD-

自然消滅とはどんな状態のこと?

カップルが互いに連絡を取らず、音信不通になれば自然消滅が訪れることも珍しくありません。一般的に電話やメールでのやり取りができない、連絡がつかないときにこうした別れだと判断することが出来ますが、あまりすすめられる方法ではないのは確かです。

もちろん、何かしらの理由があってこうした別れを決断する人もいるでしょうが、中には友人や知人を使って再び連絡を取ろうとする人も出てくるので、よっぽどのことがない限りは対面してしっかりと別れを切り出すのがおすすめになっていきます。カップルであれば別れが訪れることも珍しくはありませんが、その切り出し方が難しい場合でもそのまま音信不通になることだけは避けるべきです。

具体的な期間に決まりはあるの?

そもそも、自然消滅とされる期間はどの程度の日数なのでしょうか?それぞれのケースで明確な日数が決められているわけではありませんが、世間一般では2週間から1か月程度音信不通の状態が続けば自然消滅だとして判断されます。

両者が別れに納得している場合であればまだいいのですが、どちらか一方でも未練が残っているというのであれば注意が必要です。中には数か月程度連絡が取れなくても別れたわけではないと思っている人もいるかもしれませんが、さすがに1か月以上も連絡が取れないというのであればその可能性も少なからず考えておくべきです。本来であれば、互いに顔を合わせて別れを判断するのが良いのですが、それができないケースも時にはあるということです。

恋人関係を戻すことはできるのか?

そもそも、別れの理由が喧嘩であれば、互いに時間を設けることで問題が解決できることがあります。喧嘩をした直後は両者とも、頭に血が上って冷静な判断ができませんが、時間が経過すれば自然と自分の言動を反省することも可能になっていきます。恋人関係を戻していきたいという場合にはまず、数日から1週間程度あえて連絡を取らないというのも一つの手です。

この間音信不通となって自然消滅してしまうのでは?と不安になる人も中にはいるかもしれませんが、互いに冷静になることで解決できる問題もあります。そこで連絡がつかなくなるというのであればその恋人関係は元から良くなかったという事、逆にそこで連絡がつけば恋人関係はより強固なものになりますし信頼関係も深まります。

異性関係のトラブルや性格の不一致が問題の場合は?

カップルの別れの理由が相手の異性関係のトラブル、相手のメンタルなどであればどうでしょうか?ひとそれぞれで明確な期間は異なってくるものの、これらのケースでも冷却期間を設けることで問題が解決できることもあります。喧嘩別れに比べて音信不通になる日数が長くなってしまうこともありますが、相手の異性関係がしっかり整理できるまで、気持ちの整理がつくまで待ってあげることも大切です。

人によってはそれこそ数週間程度必要になってくることもあるので、この点は注意していくようにしましょう。別れや音信不通になる理由はそれぞれのカップルで異なってきますが、まずはそれぞれの理由に合った期間内で冷静な判断を下していくことからはじめていくべきです。

自然消滅の判断とその期間の見極め

カップルが喧嘩や性格の不一致、異性関係のトラブルで別れるという場合、一時の感情で簡単にその判断を下すのは危険です。音信不通になったとしても数週間程度であれば十分によりを戻すことが可能ですし、人によってはこの間に十分に頭を冷やして自分の言動に反省できることもあります。

もちろん、すべてのカップルがこの期間中に関係を修復できるというものではありませんが、簡単に判断することだけは避けるのが無難です。まずは世間一般で自然消滅だと判断される1か月程度の間は相手の出方を待ってみるのもおすすめです。必要に応じて自分からメールや電話を入れて関係の修復に努めているのも一つの手となっていきます。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう