勤労感謝の日 - 2017年11月23日 -

勤労感謝の日の起源や語源、歴史、
また勤労感謝の日に行われる行事など勤労感謝の日に関することを解説。

-AD-

現在での勤労感謝の日

日本の祝日はすべて「国民の祝日に関する法律」に定められています。毎年11月23日にある勤労感謝の日もそのうちの一つです。子供の頃から「働いている人に感謝する日」として親から教えられた人が多いと思います。でも実は本当の意味は少し違っています。

法律の第2条に規定されている祝日の意味は「勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日」となっています。つまり、みんなで1年間豊かになるために頑張ったことをお互い感謝し合いましょうという意味です。名前から単純に勤労を感謝すると取られてしまったのが誤認の原因のようです。

11月の第4木曜日と同じような時期にアメリカではThanksgiving Day(感謝祭)があります。収穫を祝い神の恵みに感謝する日として受け継がれています。

勤労感謝の日の起源は飛鳥時代

現在の勤労感謝の日が制定される前からその起源となるお祭りが行われてきました。新嘗祭(にいなめさい、しんじょうさい)と呼ばれるもので飛鳥時代から行われていました。当時の皇極天皇(こうぎょくてんのう)から始められたとされています。

当時は農作物の収穫の良し悪しが国の存続に影響を及ぼす大切な出来事だったため、年に一度神々に五穀の収穫を祝うために国事行事として行われました。旧暦では11月の2回目の卯の日に行われていました。

太陽暦が導入された時に翌年の1月に変わることになり、収穫がイメージできない時期になるため新しい暦でも11月の2回目の卯の日することとなりました。
当時の11月の2回目の卯の日がたまたま23日であったことから翌年も同日に行われるようになり、今でも変わらず23日のままとなっています。

国事行事から国民の祝日へ

長い間、国事行事として行われていた新嘗祭でしたが、第二次世界大戦終戦によって終わりを迎えます。

GHQによる占領政策によって天皇制から日本国政府による制度に移行していった経緯から天皇行事や国事行事などが見直されました。そのため国事行事とされていた新嘗祭も見直しを余儀なくされ、勤労感謝の日と変わることとなりました。

新嘗祭は農作物の収穫を祝うことを目的としたお祭りであったことに対して、勤労感謝の日は生産という言葉を用いることで国民の生活に関わるすべての生産物が良い結果であることをお祝いする日に変わっていきました。

勤労されている人もそれを支えている人もすべての国民が対象となります。豊かな生活が1年間続けられたことを感謝して、また1年頑張るための英気を養う日ということになります。

11月にある祝日勤労感謝の日

年末を迎えるに当たりつかの間の休息を与えてくれる11月、その11月には法律で定められた2つの祝日が存在します。

一つ目の祝日は毎年11月3日に自由と平和を愛し文化をすすめる事を目的として定められている文化の日があります。そしてもう一つが文化の日から20日を過ぎたあたりにある休日勤労感謝の日です。

勤労感謝の日とはどんな日なのかというと、法律の条例では勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日となっています。一般的な解釈としては、仕事をしている人に感謝するとともに、その仕事をしている人たちが作った物に感謝するということが伝えられているものだと言えます。しかし本来の勤労感謝の日というのはそういった意味の日ではなく、本当の由来自体を知らずにいる人が多いと言えます。

勤労感謝の日の本当の由来

そもそも勤労感謝の日の本当の由来は何なのかというと、それ以前はこのよう名前ではなく新嘗祭と呼ばれる一つのお祭りが起源となっています。

新嘗祭の意味は新は新しい穀物を意味し嘗はごちそうを意味する言葉です。稲作は古来から貴重な食料であると共にとても重労働で、春に植えた稲作が無事に何事もなく秋に実りご馳走にありつけたことを感謝し、其の実りの力が来年にも続くように祈願するのが始まりとなっています。元々は人間が生きていく上で欠かせない農業などの食糧関係の仕事に準じている人たちに対して感謝をする祭りなのです。

ただ現在では食を安定して生産するためには食糧関係の仕事だけに準じている人だけではなく、その器具を作る人や作った物を販売して広めてくれる人もいて初めて成り立つので現在のように一般解釈のようになったと言えます。

どうして勤労感謝の日名前が変わったのか

元々は新嘗祭という名前だったのにもかかわらず、現在の名称に変わったのかというと一つの時代のきっかけ戦後が関係しています。

戦後アメリカの統治になった日本は、アメリカ主導で新しい憲法を作られることになります。その時に新嘗祭は天皇中心の祭り事として定着した文化ですが、それをそのままにしては戦前と変わらない体制になると危惧したアメリカ側が新嘗祭を取りやめるようにしたのです。ただ突然天皇に対する活動を抑制すれば反発が起こる可能性があるので、その代わりに天皇に対して働くことはそのままで良いが名称を変えることを考えたのです。

そこで天皇を含むすべての人たちの働いている人たちに感謝すればよいという考えから、アメリカでも同じように法律で存在する勤労感謝の日のような日を日本語に解釈して勤労感謝の日となって現在に定着することになったのです。

勤労感謝の日とはどんな祝日なのか

毎年11月23日は国民の祝日に関する法律で規定された国民の祝日である勤労感謝の日となります。この法律の定めるところの第2条によれば、勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいが感謝しあうということを趣旨としています。農業での生産を主としてきた日本では勤労と生産に感謝するという意味での祝祭は1400年以上昔から行われていた形跡があります。

勤労感謝の日の起源となった新嘗祭という宮中祭事で、この祭事も毎年全国の神社で11月23日に行われています。2013年に今上天皇が傘寿の誕生日を迎えたのを記念して、初めて新嘗祭の様子が映像として公開されました。この新嘗祭が勤労感謝の日と改まったのは第2次世界大戦後のGHQによる日本の占領政策によるものとなります。

新嘗祭から勤労感謝の日へ

11月23日は明治6年から新嘗祭として国民の休日に関する勅令で祝祭日として定められていました。

しかし上記のようにGHQの占領政策により名称変更を余儀なくされてしまいました。なぜGHQが新嘗祭という名称を使うことに否定的だったのかというと、新嘗祭自体が宮中祭事であることに由来します。

第2次世界大戦での日本は天皇を頂点とした国家体制が敷かれていました。結果大戦では日本は敗北、この制度が連合国側の占領政策と合わないと判断され、祝祭日に関しても国事行事、天皇行事と切り離す方向で政策が行われていきます。以上のような経緯から新嘗祭はその収穫を祝うという性質上、収穫に関する努力の成果、国民自身の勤労の尊さを祝うという意味も込めて勤労感謝の日として名称が変更されました。

なぜ勤労感謝と呼ばれるのか

もともとは新嘗祭という収穫祭の1つであったことは前述の通りとなります。

日本では古来からあらゆるものに神様が宿っているやおろずの神という考え方があります。その意味でも収穫の良し悪しは収穫に携わった人達の努力もさることながら、収穫の神様が恵んでくださったという意味合いも強くあらわしています。その中でも新嘗祭は戦前戦中と国家神道と強く関わりのある行事でした。

GHQは基本政策として国家神道を根本的になくす事が前提とされています。これにより占領軍の左派が考案した労働者の日、レイバーデイと感謝祭、サンクスギビングデーを語源とし、それを組み合わせたレイバーサンクスギビングデーという名称が採用され、それが日本語化されて勤労感謝の日となりました。また現在でも宮中祭事として新嘗祭は最も重要な祭祀として行われています。

日本の国民の祝日は全部で16日

日本には国民の祝日として法律で定められている日が16日あります。2016年から新たに山の日が加わったために15日から1日増えて16日となったのです。

よく「日本人は働き過ぎ」だと言われますが、この国民の祝日の数は先進国では1番多いとされています。意外な事実かもしれません。ただし、これにはやはり「日本人が働き過ぎ」ということが影響しているとも言われています。企業に勤めていれば必ず有休という制度があるのですが、存在としてはあったとしても、現実的に有休をとることが出来にくい社会だと言われています。

国民の祝日である11月23日の勤労感謝の日は「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」という風に法律で定義されています。しかし実際にはこの日に休日出勤で働く日本人は多いのです。

11月23日は勤労感謝の日

前述のとおり、法律によって勤労感謝の日は「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」というように定められていますが、どうして11月23日なのでしょうか。その歴史は非常に深いです。

古くから日本というのは農耕民族だと言われ、秋には農作物の収穫を祝う風習がありました。1年の収穫を労い、来年もまた実りある1年となるように古来からそういった行事が存在していたのです。飛鳥時代になると新嘗祭(にいなめさい)と呼ばれる収穫祭が11月23日に行われるようになりました。この11月23日が第二次世界大戦後に勤労感謝の日に生まれ変わったのです。

今日では経済大国と呼ばれるまでに先進国の1国となった日本ですから、農業以外にも様々な産業で国が繁栄の道を辿っています。新嘗祭はその長い長い役目を果たし、かたちを変えたということです。

勤労感謝の日は何をする日

子どもの日(端午の節句)であれば、兜を飾ったり、鯉のぼりをあげたり、ひな祭りであれば雛人形を飾ったり、成人の日であれば成人を祝ったり、敬老の日であれば、おじいちゃんやおばあちゃんに感謝したりしますが、勤労感謝の日は一体何をするのでしょうか。

特に「これだ」というようなイベントなどがあるわけではありません。強いて言えば普段から頑張って働いてくれている人に感謝の気持ちを伝える日ということでしょうか。一人暮らしや独り身の方であれば、自分自身を自分で労ってあげてもよいでしょう。

本来は収穫祭である新嘗祭の日でもあったので、大自然に感謝して、天皇陛下に感謝して、神々に感謝して、といったようなことも良いかもしれません。実際に現在でも新嘗祭は行われています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう