勤労感謝の日の本来の意味と喜ばれるプレゼント - 勤労感謝の日 2017年11月23日 -

-AD-

勤労感謝の日とはどんな日?

勤労感謝の日とはどんな日かと聞くと「働いている人に感謝する日」と答える人が多いですが、正確には少し違います。

毎年11月23日に祝日として設けられている勤労感謝の日。12月の本格的な冬に入る少し手前であることがポイントです。実りの秋である10月~11月は農業だけではなく様々な業種において繁忙期となります。そんな繁忙期を終え「生産したものに感謝し、作ったものをみんなで感謝し喜び合う日」なのです。そのため働いている人に感謝するのではなく、働くということそのものや、働くことによって生み出されたものに感謝する日なのです。

業種によってはこの祝日に休めない人もいます。そのため「働いているのに感謝されてない」と言う人もいますが、必ずしも悲観する必要はないのです。

この時期に行われるイベント

生産・消費というのは飲食の製造だけには限りません。電子機器や医療機器など実際に食べて消費するものではありませんが、生産することで様々な業界で活躍するものとなるのです。そのため様々な業界が生産の喜びを感じることができます。

働くということに感謝をする日であることから、子どもたちに「職場体験・仕事体験」をしてもらうイベントを行う企業もたくさんあります。まだ働くことの大変さや難しさ、生産することの喜びを知らない子どもたちに少しでも「勤労」を体験してもらおうと考えたイベントです。もちろんまだ社会に出るわけでもない幼い子どもたちにとっては楽しい企業体験となるのですが、仕事を経験することで普段働いてくれている両親に対しての感謝を感じてもらうというのもイベントを行う狙いの1つです。

プレゼントして喜ばれるもの

「働いている人に感謝する」というのは本来の意味からすれば少し違いますが、家庭を守る女性やまだ社会に出ていない子どもたちにとっては、頑張って働いてくれている男性に対して感謝をする日となっています。そのためプレゼントとしてはビジネス用品が喜ばれる傾向にあります。

男性が仕事する上で常に身に着けるスーツやネクタイなどが長きに渡ってプレゼントの人気ランキング上位に君臨しています。その他にも普段は安物で済ませてしまうボールペンやハンカチなど、常に持ち歩いている小物で少し高価なものをプレゼントすると非常に喜ばれます。

また現代では女性の社会進出も盛んであるため、女性向けのプレゼントもたくさんあります。疲れを癒すアロマグッズや入浴剤などが人気を集める中、最近ではプリザーブドフラワーも注目されています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう