「勤労感謝の日」はもともと五穀豊穣を祈るお祭り「新嘗祭」だった - 勤労感謝の日 2017年11月23日 -

-AD-

11月23日は国民の祝日「勤労感謝の日」

11月23日の「勤労感謝の日」は、国民の祝日のひとつです。「国民の祝日に関する法律(祝日法)」によれば、その趣旨は「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」とされています。1948年(昭和23年)に公布・施行されました。

勤労というと、報酬を獲得する労働のことがまず頭に浮かぶでしょう。そのため、「日々がんばって働いてくれているお父さんやお母さんに感謝する日」と考える方も多いようです。ところが、勤労という言葉について調べてみると、「心身を働かせて仕事に励むこと」という意味もあります。ですから、「勤労感謝の日」とは、報酬を得る労働をしている人だけに感謝をするのではなく、報酬を伴わない労働、すなわち家事に従事する人や、家族などに精神的なサービスを行っている人も含め、すべての労働に対して感謝する日ということになります。

戦前は「新嘗祭(にいなめさい)」だった

実はこの11月23日という日は、もともとは「勤労感謝の日」ではなく、「新嘗祭」と呼ばれる祭日で、とても重要な宮中祭祀が行われる日でした。

宮中祭祀とは、天皇が国家と国民の安寧と繁栄を祈ることを目的に行う祭祀を言います。「新嘗祭」とは、天皇が日本国民を代表し、五穀豊穣(米や麦など人間が主食とする五種類の穀物が豊かに実ること)、そして命の糧を授けて下さった神様への感謝を捧げるためのお祭りでした。いわば日本の収穫祭で、はじまりは、なんと飛鳥時代にまでさかのぼります。かつてこの日は日本国民にとって非常に大切な日でした。なぜなら、現在とは違って国民の圧倒的多数が農民であった時代、穀物がきちんと収穫できるかどうかは、自分や家族の命に関わることだったからです。そのため今も、宮中祭祀の中でも最も重要なものとされています。

紅葉の美しい季節でもある

このように「新嘗祭」は日本という国にとって非常に意義深い大切な日でしたが、第二次世界大戦で日本が敗北した後、GHQの「日本国民から天皇や皇室に関係したものを切り離す」政策により、「新嘗祭」は本来の意味とは全く違う「勤労感謝の日」に変更されました。

しかしながら、「新嘗祭」の神事は、今も全国各地の多くの神社で行われています。皆さんがお住まいの地域にある神社の中にも、行われている所があるでしょう。私たちの遙かなる祖先の苦労に思いを馳せ、そうした神事に一度参加してみてはいかがでしょう。

また、11月23日前後は収穫の時期ということもあり、もともと行楽にはとても適した季節です。特に紅葉を満喫できる時期で、東北から九州まで幅広い地域で、美しく色づいた紅葉を楽しむことができるでしょう。日頃の勤労への感謝を込め、ご家族などで行楽地に出かけられてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう