勤労感謝の日は農業に深く関係していた - 勤労感謝の日 2017年11月23日 -

-AD-

昔は農作物の収穫のお祭りだった

勤労感謝の日は、昭和23年に法律で定められた祝日です。「勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝し合う日」として制定されました。

これ以前にも11月23日は「新嘗祭(にいなめさい)」という行事が行われていました。飛鳥時代の皇極天皇(こうぎょくてんのう)の時代には、その年の農作物を収穫して神に捧げ、天皇が自らそれを食べることで実りに感謝する儀式が行われてきました。
戦前までこの新嘗祭はありましたが、第二次世界大戦で日本が負けるとGHQが天皇に関わる行事を続けると日本がまた戦争を始めると危険視したので、新嘗祭から勤労感謝の日に変わりました。

昔は勤労といえば農業がメインでしたが、今では様々な職業があるので、収穫祭ではなく働くことと生産することを大切に思う日に変わっています。

新嘗祭とはどんな祭だったのか

新嘗祭(にいなめさい)は「しんじょうさい」とも言います。

「新」は新穀で「嘗」はご馳走を意味しています。現代では毎年11月23日の勤労感謝の日に全国の神社で行われていて、新穀ができたことを神様に感謝するお祭りです。五穀豊穣を祈願して行われます。今年の穀物の実りに感謝しつつ、翌年もよく実るようにお願いする行事です。

最近では農業従事者にしか関係がないようになっていますが、それも新嘗祭が勤労感謝の日という名前に変わったことが関係しているのでしょう。昔は食べ物を作るのが最大の勤労でした。

しかし、今は自ら農業をしなくても、他の仕事について仕事をしていればお米を買うことができます。また、お米だけが食べ物という認識も薄れてきているため、ますます新嘗祭の存在は薄れていっています。

農業関係のイベントも多い

勤労感謝の日は今では親子でピザ作りに挑戦したり、柿をもいだりなどの仕事系のイベントが各地で行われます。勤労感謝の日は勤労によって生産されるものと、勤労できることに対して感謝する日なので、自分で作ったり収穫したものに対して喜びや感謝を感じられるようなイベントが用意されているのが特徴です。

農業では、例えば、農業祭という国民の農林水産業と食に関する認識を深めて、農林水産業に従事する人たちが技術を改善したり、発展できるように推し進めるイベントが行われます。また、民間の業者が農作物などを販売する農業祭や特産市などを開催しています。

最近で、農業をしたいと希望する人口の減少が問題になっていますから、これをきっかけに親子で興味を持つというのもいいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう