勤労感謝の日 - 勤労感謝の日 2017年11月23日 -

-AD-

勤労感謝の日について

毎年11月23日は「勤労感謝の日」です。これは昭和23年に公布・施行された「国民の祝日に関する法律」において定められた国民の祝日で、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としています。古くは五穀の収穫を祝い神に感謝する祭りとしてこの季節に全国で行われていた収穫祭のようなものですが、明治期に「新嘗祭」という宮中祭祀と結び付けられ国民の祝日とされました。戦後のGHQの政教分離政策によって「新嘗祭」は「勤労感謝の日」に改められました。

「勤労感謝の日」の由来である「新嘗祭」は五穀の収穫を祝って天皇が新しい五穀を天神地祇に奉りまた自らもそれを食すという宮中祭祀で、飛鳥時代の皇極天皇の時代に始められたといわれています。一時中断された時代もありましたが、元禄時代の東山天皇のころに再開されたといわれています。明治期には大祭とされ現在でも重要な祭祀として毎年行われています。ちなみに、天皇が即位してから最初の新嘗祭は「大嘗祭」と呼ばれます。

「勤労感謝の日」の元の形は五穀の収穫祭でした。一般庶民も地域によって時期ややり方に違いがありながらもやはり一年の収穫を祝い神に感謝する行事を行っていたものと考えられます。「勤労感謝の日」の前身である「新嘗祭」が祝日として国民に祝われるようになったのは明治時代からです。現在では「勤労感謝の日」の収穫祭としての意味合いはほとんど忘れ去られていますが、この日まで新米を口にしないという風習が残っている家や地域もあるそうです。

現在では「勤労感謝の日」はいつも働いている人たちに感謝してみんなでお休みする日であると認識している人や、そもそもその趣旨を知らない人も多いようです。勤労感謝の日に行われるイベントといえば、やはり「新嘗祭」でしょう。宮中祭祀である新嘗祭ですが、日本各地の神社でも新嘗祭を行います。本来はひっそり行われる祭祀ですが、神社によっては新しい米で作った酒を参拝者にふるまうお祭りを同日に行ったりなどすることもあるようです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう