十五夜にお供えするお月見団子について - 十五夜 2017年9月15日頃 -

-AD-

十五夜のお月見団子はなぜ飾るのか

十五夜のは定番でありますお月見団子は、何故お供えで飾るでしょう。これは秋の収穫に対して、お月様への信仰二民で行われる子のです。秋には豊かに作物ができるように願い、そして収穫に対しての心からの感謝の表れです。ですから秋に収穫となる、日本人の主食でもあり、元気と体力の原動力にもなる、お米の粉を利用して、お月様の形状に似せて、まんまるの可愛らしいお月見団子を作り、その夜にはお供えをするようになったのです。

真っ白なまん丸の形状でシンプルに作ることもありますが、ほとんどは中に小豆のあんを入れて、よりスイートに作るのが一般的なものです。地域にもよりますし、その家での習慣にもなりますが、代わりに里芋をお供えをするという風習も、よくあることです。秋には、美味しい里芋も収穫期だからです。

お月様への心からの感謝を

お月様への心からの感謝を形に表したのが、十五夜の定番であります、お月見団子の存在です。中国から伝わったのは、日本が平安時代だった頃にさかのぼります。月見の祭事が行われていたために、月というのは、もはや神様の存在だったというのが、当時に認識とあったのです。だから無k氏は月は神様であり、お祈りをお月様にするのは、とても一般的なことだったのです。

日本ではお月様に対して、とてもありがたい存在という感覚がありましたし、中国の風習も受け入れられて、その年の秋に収穫された食材を捧げて、お月様に心よりの感謝をするという、日本での風習になったのです。最初は里芋などの食材をお供えとしてきましたが、秋の栗や里芋などの食材とともに、ほかにも、お供えが増えたのが、お団子です。

十五夜にお供えするお月見団子の数量

秋の心地よい風に吹かれながら、秋の夜空に輝くお月様は、日本人の心にもしっとりと、幸せを感じさせるような風流なものがあります。旧暦にあたる8月15日の夜に、お月見をするのが今のやり方であり、日本で言われる中秋の名月はこの日にあたります。満月の十五夜には、その数にちなみまして、お月見団子も15個を並べるのが、一般的なものとなっています。

中には旧暦の9月13日の夜に、お月見をする地域もあります。そんな風習のある地域では、十三夜にちなみまして、お月見のお団子の数量は、その地域での習慣では13個を並べるという、地域の習慣によっても違いがあります。ちなみに15個の場合でしたら、1段目に3個を3列並べて9個、そして2段目に2個を2列で4個、それから3段目に2個でトータルで15個になります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう