伝えていきたい十五夜とすすきの日本の心 - 十五夜 2017年9月15日頃 -

-AD-

いにしえから伝わる十五夜とは

十五夜は、お月見、仲秋の名月ともよばれ古来から日本では月を愛でる習慣がありました。旧暦では7、8、9月を秋としてそのど真ん中の空が一番澄んできれいな満月を仲秋の名月または十五夜といわれています。古くは月の満ち欠けで、おおよその月日を知り農事を行っていました。欠けたところのない満月は、豊作の象徴でもありました。

新月からはじまり15日間かかって満月になる十五夜の満月は、大切な節目の日でもありました。とくに旧暦の8月15日の十五夜は、現在の暦では秋の9月中旬にあたり収穫の感謝祭にあたり農耕行事と結びついて十五夜を楽しんでいました。

平安時代に中国から伝わり貴族の間にとり入れられ、農民へと広がって農耕文化とあわせて現代の十五夜スタイルになっています。

すすきに込められた意味

昔の人々の生活と月とは、密接につながっていました。とくに農業に従事する人々にとって秋の収穫の感謝をこめて芋、豆など収穫物をすすきとともに月に供えました。

すすきは日本人には身近な植物で万葉集に和歌が数多く詠まれ、源氏物語にも登場しています。野原に群生する黄金のすすきは秋のイメージが色濃く印象的です。このすすきを飾る習慣には、理由がありました。

古くからすすきは神様の宿り場として、魔除けと御守りをかねています。悪霊や災いから収穫物を守り、翌年の豊作を願う意味が込められています。月に供えたすすきは捨てずに、庭や水田に立てたり軒先に飾って災いから守る風習は今も残っています。

通常神事には稲穂が使われていますが、当時は稲穂の穂がみのる前のため、間にあわずにすすきを稲穂に見たてて飾ったといわれています。

日本文化の収穫祭と月

十五夜の収穫祭といえば、お供えする収穫物の月見団子が定番です。様々な収穫物の中でお米もその一つですが、主食のお米はとくに大切な収穫物でした。豊作の祈願と感謝をこめてお米をつかって、月に見たてた団子を作ってお供えしたといわれています。また里芋、サツマイモ、豆類、そして柿や栗などの収穫物も、お供えしていました。昔はお米が貴重で里芋が代用として使用され、お供え物の中心やあることから芋名月ともよばれていました。

お供えするお団子の数は通常15個ですが、満月の回数分の12個だったり地方によって色々です。

豆知識として十五夜の名月が雲に隠れて見えないことを無月とよび、十五夜に雨がふることを雨月、8月15、16、17日の名月を待宵、十六夜など月にまつわる名称がたくさんあるほど日本の文化に深くかかわっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう