女性の厄年の年齢と過ごし方を知る - 厄年 2020年1月1日 -

人生では良い運気の時もあれば、あまり良くない悪いとされる時期もあります。
女性も厄年は気になるところですが、その年齢を知りどのように過ごすのが良いのか、その過ごし方も知っておきましょう。

-AD-

厄年の意味を理解しよう

厄年にはあまり良いことが起こらない、何か始めるのは避けたほうが良いなどというイメージがありますが、具体的にはどんなものか知らないという人も少なくありません。厄年は災いにあいやすく忌み慎むべきものとされる年齢です。男性と女性では厄年の年齢にも違いがあり、陰陽道では男性は数えで42歳、女性は33歳が大厄とされており、特に気をつける必要があるとされています。

科学的な根拠があるものではありませんが、日本ではすでに平安時代から言い伝えがあるとされており、災いを避けるための厄払いも行われてきました。時代が変わった現代でもその風習は残っており、厄年に神社などで厄払いを利用する人は今でも少なくありません。

前厄や本厄後厄についても知ろう

大厄の年は特に気をつけたいですが、このほかにも前厄、本厄、後厄もありますので、こちらも何歳なのか、その時の過ごし方も知っておきたいところです。こちらも男女ともに違いがあり、女性の場合は本厄は19歳や33歳さらに37歳、61歳が本厄となっていますので、その前後の年が前厄、後厄となっています。

それゆえ、例えば19歳が本厄の人は18歳が前厄20歳が後厄となります。本厄の時だけではなく前後の3年間は注意して過ごしたいところです。厄年の数え方は全国共通というわけではなく、地域や寺社により違いもありますが、満年齢ではなく数え年で数えられることが多くなっています。数え年は生まれた年を一歳と考えていますので、満年齢よりひとつ多い歳となることは理解しておきましょう。

厄年ではどのように過ごせば良いのか

厄年はあまり意識しないという人も多いですが、逆にかなり気にしてしまう人も少なくないものです。どうしても意識してしまいがちですが、厄年だからといって必ず悪いことが起こるわけではありません。厄年にあたる年の過ごし方としては、結婚や引っ越し、転職などの人生の転機になるようなことは避けたほうが良いと言われています。

とはいえ、絶対にこうしたことを行ってはいけないという訳ではなく、逆に行うことで厄を払えると考える地域もあります。思考がマイナスとなっている時は悪い運気も呼び寄せやすいともされていますので、悪いことが起こった場合も過剰に厄年と結びつけないことも大事です。過ごし方としては、年齢的にも体調の変化を感じやすい年でもありますので、健康維持にも注意して丁寧に毎日を過ごしていくことがおすすめです。

厄除けはどこの神社で行うのか

厄年とはいえ、過剰に意識する必要はありませんが、やはり気になる、より安心して毎日を過ごしたいという人は厄除けを行ってみることもおすすめです。厄除けを行う神社は全国にありますので、近隣で相談してみるのも良いでしょう。特に有名な神社としては川崎大師があげられます。

こちらは古くから厄除けで知られており、厄除けや護摩祈願は毎日行われています。予約が必要というイメージもありますが、予約も特に必要なく早朝からでも対応してくれます。数え年で厄払いが行われることが多いですが、こちらでは数え年ではなく満年齢に基づいた厄年の計算が行われていますので、訪れる前にはもう一度確認しておくことがおすすめです。

女性の厄年と過ごし方

古くから言い伝えられている厄年になると、悪いことが起きないか気になるところですが、女性と男性では年齢にも違いがありますので、良く確認しておきましょう。本厄だけではなく、前厄や後厄もありますので前後の3年間は気をつけて過ごしたいところです。人生の転機になることは避けたほうが良いと言われている年ではありますが、絶対に行ってはいけないというわけではありません。

悪いことがあっても、あまりに厄年と結びつけてしまうことも避けたいところです。どうしても気になるという場合は神社による厄払いを受けておくこともおすすめです。厄払いで有名な神社はいくつもありますので、まずは利用しやすい神社を見つけておきましょう。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう