12月13日は双子の日、一卵性と二卵性がある理由 - 双子の日 2018年12月13日 -

12月13日は双子の日です。双子には、一卵性と二卵性の種類があり、1つの卵子に2つ以上の精子が受精することによって一卵性となり、二つの卵子にそれぞれの精子が結びつくことによって二卵性になります。

-AD-

12月13日は双子の日、一卵性と二卵性はどう違うの

12月13日は双子の日です。双子の日の由来は、明治7年の1874年12月13日に、双生児以上の出産の場合、先に生まれた子を兄、姉とするという太政官布告が出たことによるものです。それまでは先に生まれた子は弟、妹とされています。双子の日に基づいて、一卵性の双子と二卵性の双子についてどう違うのか考えてみましょう。また双子の日を記念して、双子の家族がいる場合は、お祝いをしてみてはいかがでしょうか。

双子には一卵性と二卵性があり、一卵性の方が容姿がよく似ています。双子が生まれる確率は100人に1人という確率ですので、双子は珍しい存在でしょう。一卵性の場合、妊婦が若い場合や反対に高齢だった場合、女性ホルモンが乱れている時期に妊娠すると確率が高まります。二卵性の場合は、卵子がより多く排出されることが原因で、母親の血統に関係する場合や、不妊治療で排卵誘発剤が使用されている場合に二卵性が生まれる確率が多くなります。

一卵性双生児が生まれる原因とは

一卵性双生児は、1つの卵子に1つの精子が受精することによって、受精卵が2つに分かれて成長していくのが、一卵性双生児です。そのため、受精卵が2つに分かれただけであるため、生まれてくる双子の血液型やDNA、性別はすべて一緒であるため、よく似た容姿の双子が生まれてくるのです。

この他にも、準一卵性双生児があります。1つの卵子に2つ以上の精子が受精することによって、受精卵が分離して準一卵性双生児となります。過受精の受精卵の確率は1%しかありません。半一卵性双生児は、受精前に分離した卵子にそれぞれ精子が受精して一卵性双生児として誕生します。この他にも異性一卵性双生児というパターンもあります。性染色体が分離する前に、異なる組み合わせとなり、異性の一卵性双生児が誕生します。

二卵性双生児が生まれる原因とは

二卵性双生児は、卵子が多く輩出されることが原因となります。不妊治療を受けている女性は、排卵誘発剤が使用される場合があります。そのため、排卵誘発剤の影響で、多くの卵子が排出されていきます。

そのため、1つの卵子ではなく2つの卵子と精子が受精することによって二卵性双生児が生まれてくるのです。また排卵誘発剤が原因となる場合以外にも、母親側の血縁というケースもあります。母親側の血縁に二卵性双生児が生まれる確率が高い場合は、同じようにその娘も二卵性双生児が生まれる確率が高くなることでしょう。二卵性双生児の場合は、母親の卵子の数がかかわっていますので、父親側には、原因がないといえるでしょう。

双子の日に一卵性と二卵性の違いを考えてみましょう

一卵性双生児と二卵性双生児の違いは、結びつく卵子の数に違いがあります。一卵性の場合は、1つの卵子に精子が結びつくのに対し、二卵性の場合は、二つの卵子に違った精子が結びつくという違いがあります。一卵性双生児の場合は、準一卵性双生児、半一卵性双生児など特殊な場合を除いては、性別血液型が一致しますが、指紋については一卵性双生児の場合は違いが出てきます。体協内での刺激によって、指紋に違いが出てきます。

二卵性双生児の場合は、同じ時期に生まれた兄弟という感覚があります。性別や性格、血液型が違う場合もありますので、容姿についても多少の違いが出てくることでしょう。一卵性双生児か二卵性双生児の違いについては、厳密に調べるには、出生後、遺伝子検査をして厳密に調べないとわからないでしょう。

双子がいるご家庭は双子の日にお祝いをしましょう

12月13日は双子の日です。双子の日になった由来は明治7年の1874年12月13日に、太政官布告が制定されたことからです。先に生まれた子を兄、姉とする法律が制定されました。それまでは先に生まれた方を弟、妹としていました。一卵性双生児と二卵性双生児の違いについては、1つの卵子に精子が結びついたものを一卵性双生児、二つの卵子にそれぞれ精子が結びついたものを二卵性双生児といいます。

双子のほとんどが、一卵性の確率が高いのですが、厳密に調べるには、出生後、遺伝子検査をしなければどちらかわかりませんが、幼稚園ぐらいに成長すると、容姿が似ているか似ていないかが解るようになりますので、一卵性か二卵性の判断がつくことでしょう。双子のいるご家庭では、双子の日の記念日にちょっとした御馳走でお祝いしてみてはいかがでしょうか。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう