和菓子の日 - 2017年6月16日 -

和菓子の日の起源や語源、歴史、
また和菓子の日に行われる行事など和菓子の日に関することを解説。

-AD-

和菓子の日とは

毎年6月16日は和菓子の日です。
1979年(昭和54年)に全国和菓子協会が制定しました。
その起源は、古く平安時代にまで遡ります。
平安中期の承和(じょうわ・しょうわ)年間、仁明(にんみょう)天皇の御代に、国内で疫病が蔓延したため、元号を承和から嘉祥(かしょう・かじょう)に改めました。
その嘉祥元年の6月16日に仁明天皇がご神託を得て、16個の菓子や餅を御神前にお供えして病がなくなり、人々が健康で幸せに暮らせるように祈願したのです。

以降、6月16日に菓子や餅を神様にお供えしてそれを食し、厄除け・招福を祈願する「嘉祥菓子」と呼ばれる習わしが定着していきます。
この習わしは江戸時代まで続き、江戸幕府では「嘉祥頂戴」といい、毎年6月16日になると、二万個もの菓子が用意され、大名や旗本など将軍様にお目見えが許される身分の者に大広間で盛大に和菓子を振舞う嘉祥の儀式が執り行われていました。
また、民間でも嘉定通宝16枚で16個の餅を買い、無言のまま食べる「嘉祥喰」という風習がありました。

平安時代に始まった習わしが江戸時代まで続き、儀式として執り行われてきたことからも、嘉祥の儀が大切なものとして考えられてきたことがわかります。
しかし、16個ものお菓子を用意するのは大変なことなので、いつしか、16の1と6を足して7個のお菓子を用意するように変わっていきました。
このように形を変えながらも、厄除け・招福を願う大切でおめでたい行事として受け継がれてきた嘉祥の日ですが、明治時代に廃れてしまいます。
この習慣が復活することを願うとともに、日本の美しい四季を高い技術で菓子の上に表現する洗練された文化を正しく後世に残すべく、和菓子の日を制定したのです。

今では、手作り和菓子の教室が開かれたりするほか、東京の明治神宮や日枝神社では、菓子職人たちがその場で練り切りを作って参拝者たちに作り立ての練り切りを配布するイベントなども行なわれています。
また、色々なお店で和菓子の日の期間限定で特別なお菓子が販売されています。
老舗の有名和菓子店や百貨店では、縁起の良い嘉祥菓子が特別販売されたり、コンビニエンスストアでも、地域の特色を大切にした。和菓子の日にちなむ特別な和菓子が売りだされています。
和菓子の日に、色々な和菓子を食べて厄除け・招福を願い、日本の歴史や食文化に思いをはせてみるのも楽しいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう