大晦日 - 2017年12月31日 -

大晦日の起源や語源、歴史、
また大晦日に行われる行事など大晦日に関することを解説。

-AD-

大晦日の起源とは…?

現在でも、大晦日は特別な日ということで、多くのご家庭で新年を迎えるために、色々な準備などや大掃除などが行われますが、大晦日の起源については「平安時代」からあったものとされています。

現在でも、神棚があり神様をお祀りしている家庭では、大晦日か大晦日の日よりも前に、神棚のお掃除をしっかりと行っていますが、もともとの起源が神様に感謝をする日であったため、平安時代からこのような風習が受け継がれているとされています。

しかし、日本には歴史的に途中から仏教もとても生活の中で割合を占める宗教となっています。

そのため、日本は仏教と神教が入り混じっている部分があることから、仏教的な意味合いでも仏様に感謝をする日となっており、除夜の鐘で煩悩を落とす、という風習もここから由来が来ている、とされています。

大晦日の掃除について

大晦日といえば、掃除をすることが一つのテーマとなっている節があります。ただ、これについては、実は大晦日に掃除を行うことは、本来的には良くないこと、とされているのです。

そのため、12月31日に大掃除を行うよりも、もっと早くから、おおよそ10日前くらいから、大掃除を始めて良いもの、とされています。これは仏教的な意味合いや神教的な意味合いなどが大きいとされていますが、神様はもう新年の準備に入られているため、そのような際に、ホコリなどを立ててしまうと、神様に失礼である、という伝統などが残っている謂れなどもあり、家庭の大掃除については、お寺さんなどを除き、もっと前から掃除を行うべき、とされています。

また新年を祝うためにやってきてくださった福の神様などをほうきで払う作業をしていると、一緒に神様を追い出す形になってしまうともされているのです。

大晦日の過ごし方とは

大晦日は、神様、そして仏様に「1年を無事に過ごすことができました。これも神様、仏様のおかげです」という深い感謝の気持ちを込める日となっています。

昔は、飢饉などが相次ぎ、また不作の年には1年を超すことが出来ないほど、貧困に苦しんだ地域もあったため、1年を待たずしてお子さんが亡くなってしまうことや、不幸にも病気で命を落とす人の数は数えきれないほどでした。

そのため、このように「1年を無事に過ごすことができてありがとうございます」という気持ちを、神様、仏様に感謝をしながら、家族の無事を祝い、「来年もどうぞよろしくお願いいたします」という願いが込められた1日になっています。

こうしたことから、家族そろって、年越し蕎麦を食べ、同時に互いの1年の無事、そして来年への平和を祈る日となっています。

大晦日の語源と由来とは

大晦日の由来には、日本の暦を知ると理解しやすくなります。暦は明治時代を分岐点に、旧暦と新暦にわかれています。古来より日本では、太陽と月の周期をもとに太陽太陰暦を使ってきました。これが旧暦のことです。

旧暦では毎月の末日を晦日(みそか)と呼んでいました。本来月の末日は三十日と書き、月の30番目の日という意味でした。晦という文字には、月が隠れるという語意があります。旧暦では1日が新月で15日は満月の日になり月末に向かって徐々に欠けて見えなくなり、最後の日は月がこもってしまうことから晦という文字が使われるようになりました。

そのため月の末日が31日、29日に関係なく晦日とよばれるようになり、三十にちなんでみそかとよばれています。一年最後の晦日は締めくくりとして大の字がつけられ、大晦日(おおみそか)、おおつごもりともよんでいます。

昔の人々の過ごし方は

昔からの大晦日の過ごし方を知ると、すべてのことに意味があることが伝わってきます。一年最後の大晦日は一年の間にうけた罪や汚れを祓うため大祓いが行われました。歴史はかなり古く、平安時代から歳神様を祭る準備の日として今に伝えられています。

古来一日は夜から始まって朝に続くといわれていたため、大晦日は新しい年の始まりにもなっていました。そのため年越しの行事として大掃除、正月の飾りの準備と飾りつけ、歳神様へのお供え、お節料理、若水汲みといったことも今でも受け継がれています。

これらの行事を年男というその家の家長、主人がつとめてきました。年男といえばその年の干支にあたる男性が節分の豆まきをするという行事がありますが、古来では大晦日の戌の刻からはじめられていました。

すべてに意味のある大晦日

大晦日の由来を知ると一年間の福徳を司どる歳神様への信仰が根づいていることが理解できます。歳神様は、別名正月様ともよばれていて各家庭はやってくると考えられていました。そのため大晦日は、神様を迎える準備に大切な日であったわけです。かつては歳神様を迎えるため一晩中起きている習わしがあって、早く寝ると白髪になったりシワがよるという俗信もありました。

江戸時代から仏教の浸透とともに、鐘を打つ習慣が生まれました。全国のお寺で鳴らされる108つの鐘を除夜の鐘といい、百八つの煩悩を意味しています。

煩悩とは心を惑わして身を悩ませるものをいい鐘をつくことで、一つ一つ取り除いて清らかな心で正月を迎えるという意味です。108回の鐘の音の最後の一回は、年が明けてからつきました。

大晦日の語源と古代の日本の暦との関係

古来日本では、月の満ち欠けである朔望月を周期とする太陰暦が用いられており、太陰暦は月(白道)と太陽(黄道)の黄経差が等しくなる朔である新月を朔日(1日)とし、白道と横道の黄経差が180度となる満月を望日(15日)となり、その後次月の朔日に近付くにつれて月が細くなる事から、月が隠れる日である月隠(つきごもり)が次第に晦〔つごもり〕と変化したとされています。

その為、日本では、毎月の末日を晦日(みそか)と表記される様になり、12月31日を1年の最後の特別な日である事を意味する大をつけたのが大晦日の語源とされています。又、元来晦日は、太陰暦で30番目の日である事から三十日(みそか)とも表記され、29日が月末の場合は通常の三十日と区別する為に九日三十日と表記される事もあります。

年末の大掃除と年越しの祓いの関係

日本は、神代の時代から欠史八代と呼ばれる天皇及び第13代成務天皇までの天皇の在位期間が60年以上と異様に長い事から、北方民族や騎馬民族の様に現在の1年を農作物の取れる期間と取れない期間の2期間に分け2年と考えていたとも考えられています。

その為、神社では現在でも瀬織津比売や速開都比売、気吹戸主、速佐須良比売など祓戸大神により罪や穢れを祓い身を浄められるとする神道儀式が、6月末の夏越しの大祓いと年末に年越しの大祓いが行われています。神道において、穢れは内面的かつ永続的なものですが、汚れは表面的かつ一時的なものなので大掃除で落とす事が可能とされ、夏の大掃除は祖先の霊を迎える為に行い、年末の大掃除は歳神様を迎える為に行われています。

夏の大掃除は、一般的では無いかもしれませんが、九州地方や中国地方の一部では今も行われています。

大晦日に宮中で行われる儀式

古代の日本は、現在の様に午後12時が1日の終わりとは考えられておらず、太陽が地平線に沈んだ時が1日の終わりと考えられており、日没とともに大晦日が終わり新年が始まるとされています。

その為、現在の考え方で言う大晦日の夜には、神社の年越しの大祓いで罪や穢れを祓い身を浄め、1年の幸福をもたらす歳神様を夜通し待ちます。

年越しの大祓いは、宮中行事として国民の為に天皇及び皇后、皇太子など皇族も大晦日に行っていますが、宮中では天皇及び皇后、皇太子など皇族個人の罪や穢れを祓う為に行われる節折の儀が大晦日に行われています。節折の儀は、御贖の儀とも呼ばれ平安時代中期に始まったとされ、神を呼び寄せ依代となるとされる竹の枝9本に背や手足の丈の印をつけ、印で竹の枝を折り川に流す儀式です。

大晦日と言えば「NHK紅白歌合戦」

大晦日(おおみそか)とは1年の最後の日に該当し、新たな新年を迎えるに数々の年越しの行事が行われる日です。

第二次世界大戦で敗戦国となった日本は、わずかな期間で急激な復興を成し遂げるのですが、そればかりか、今では世界有数の経済大国に成長しました。昭和時代にテレビが登場してから、しばらく経って日本人に大晦日の楽しみが出来上がりました。それがNHKで放送された紅白歌合戦だったのです。

長い歴史を持つ男女対抗形式の音楽番組で、日本を代表するトップミュージシャンが登場します。その人気は凄まじく、1963年においては、81.4%という驚異的な視聴率を記録したほどです。家族で紅白歌合戦を楽しみながら年を越す準備をするというのが、日本人の新しい大晦日の過ごし方となったほど大きな影響を与えました。

紅白歌合戦の人気に陰り

現在でも高い人気を誇る紅白歌合戦ですが、絶頂期の数字やインパクトと比べると、その人気には陰りが見えています。

民放各局では紅白歌合戦に対抗しようと、様々な特番をぶつけて対抗しますが、紅白人気は長い間続き、民放放送局は長らく苦戦を強いられます。しかし毛色は変わってきます。世間では演歌ではなくJ-POPやロックがオリコンの上位を占めるようになってきたのですが、相変わらず紅白に出場するのは演歌歌手や重鎮などが多かったこともあって、少しずつですが、人気が薄れていきました。

ある時期には大晦日は格闘技というような風潮になったことがあり、PRIDEやK-1といった人気格闘団体が注目の好カードをマッチングし、紅白の牙城を崩すというのに貢献したのです。しかしそんな格闘技もまた衰退の道を辿ってしまいました。

現在の大晦日の楽しみ方

最近では多くのジャンルの番組が大晦日のゴールデンタイムで流れています。NHKは以前として紅白歌合戦を放送し、高い人気を維持しています。

日本テレビ系列ではお笑い芸人であるダウンタウンの冠番組「ガキの使いやあらへんで」の「笑ってはいけない○○シリーズ」も定番化されてきました。フジテレビ系列では国民的人気アニメとなったワンピースの映画を放送したりもしました。その他、各局では格闘技を放送したり、特別企画の番組を放送したりしてきました。

近代日本ではテレビの力はまだまだ強いものの、テレビ以外のメディアの楽しみ方がどんどん増えました。一家にテレビ一台であったという時代も遠い昔で、複数のテレビを所有していたり、インターネットでパソコンを眺めたり、スマートフォンを楽しんだり、ゲームを楽しんだり、と人々は沢山の中から物事を選択できるようになりました。

この記事が気に入ったらいいね!しよう