大晦日に食べる料理の定番と言えば? - 大晦日 2017年12月31日 -

-AD-

大晦日に食べる料理の定番と言えば?

大晦日と言えば年の最後の日であり、明日からは新年を迎えると言ったとても重要な意味を持つ日だと言えます。特に日本の場合海外とは異なり大晦日~元旦、そして正月を非常に大事にするという風習があり、それは料理にも大きく現れれていることが伺えます。
大晦日に食べる料理として全国的に定番となっているのが年越しそばと呼ばれる料理であり、それにもとても重要な意味が込められています。年越しそばを食べる習慣は古くは江戸時代から始まって現代まで続いている風習であるとともに、大晦日に食べるからこそ意味がある料理と言えます。
何故年越しそばを食べるのかと言えば一年の厄を大晦日で断ち切り新年を迎えると言う意味が込められているためで、うどんでもラーメンでも素麺などでもなくそばを使用していることにも意味があります。これは他の麺類に比べてそばはその性質上とても切れやすいため、その切れやすさと厄を絶ち切るのをかけてそばを使用していると言われています。そのため年越しそばを大晦日の料理として食べることにより全ての厄を一旦経ち、明日に迫った新年を気分も新たに迎えられるようにしているわけです。厄を断ち切る以外にも年越しそばには意味が込められており、そば=細く長いため長寿の願いもその料理に込められていると言われています。それと共に昔はそばを使用して金粉を集めていたということもあるため、金運アップの祈願も込められています。要するに年越しそばを食べることで厄落し、金運、長寿といった3つの願掛けを行っていることになるので、単なる料理と言うよりは人の願いをそばに込め、それを食べることで気持ちを一新し鼓舞していると考えた方がよいかもしれません。

年越しそばならぬうどんやラーメンも!?

年越しそばは大晦日に食べる習慣が古くから続く伝統的な料理ですが、近年では年越しうどんや年越しラーメン、年越しパスタといった麺類も登場してきています。これはラーメンやうどんを扱う料理店などが始めた料理であり、地域によってはそれが徐々に根付いてきておりその地域ではごく当たり前となってきている大晦日特有の料理となっています。飛騨高山では年越しラーメンを食べる習慣がかなり根付きつつあり、これは飛騨高山が日本でも有数のラーメン激戦区でありラーメンをこよなく愛する市民が多いためだと言われています。四国の香川県では年越しそばならぬ年越しうどんが昔から当たり前となっており、香川県の場合は年越しうどん、年明けうどんと年越しも新年もうどんで終わりうどんで始めるのが常識となっています。これは全国的にも香川県がうどん県として有名であるとともに、県が先頭に立ちうどんの普及に一役かっていることも年越しうどんが無くならない理由となっています。年越しラーメンや年越しうどんといった料理に関しては、他の地域でもラーメンが有名、うどんが名物の地域では古くから大晦日にそばの代わりとして食べられていた習慣があると言われており、それがここ数年で全国的に知られるようになり大手企業なども年越しうどんや年越しラーメンといった商品を販売することで広まったと言えます。年越しパスタに関してはまだ新しい大晦日の料理ですが、これはパスタ専門店などが始めたと言われている料理です。年越しそばが麺類なのだからパスタでも良いのではないかといった観点から始まった料理であり、年越しそば同様に長寿祈願の意味を込めている点に関してはそばと何ら変わらないと言えるでしょう。こうしてみてみると大晦日に食べる麺類はそばだけではなく非常にバラエティに富んだものとなってきており、昔のように年越しそば一択ではなく各々が自由に料理をチョイスして食べていることが伺えます。これも時代の流れというものでしょうし、年越しそばに飽きた人が他の料理に流れる、大晦日に売り上げを上げたい料理店が苦肉の策で生み出したといったことも汲み取れるのではないでしょうか。そのため近年では大晦日に食べる料理は自由度が高く決まった形が無くなりつつあると言えるでしょう。

大晦日におせちを食べる習慣も

おせち料理と言えば元旦~三が日に食べる料理として定着していますが、実は大晦日におせちを食べる習慣がある地域も少なくありません。特に東北~北海道にかけては大晦日に年越しそばとおせちを一緒に食べるといった習慣が古くから根付いており、おせちは正月の領地ではなく大晦日にも食べる料理として食べられ続けています。そのためおせちを大晦日に食べると言う行為は決して誤りではありませんし、大晦日から正月三が日に食べるための料理として生まれたのが始まりだと言われています。近年ではおせちを家庭で作る人も減少しており、大晦日に食べる料理自体も大きく変化してきています。そのため昔のような料理ではなく和洋折衷様々なものを用意して大晦日を家族で過ごすといった傾向が強くなってきていると言えるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう