大晦日 - 大晦日 2017年12月31日 -

-AD-

大晦日の起源

大晦日とは1年の最後の日、つまりは12月31日のことです。ただしいわゆる旧暦においては12月29日、または12月30日が大晦日に該当します。旧暦では毎月の最終日のことを晦日と呼ぶ習慣があり、その習慣が語源であると言われています。旧暦からあるわけですから、その起源は古く、日本では平安時代から宮廷儀礼のひとつとして、大晦日には追儺と呼ばれる行事が行われていたと言うことも明らかになっています。日本と言う国に古くから根ざしている文化、記念日のひとつだと言えます。

大晦日の由来は、古くから日本文化に栄えてきている歳神様、または歳徳様と呼ばれる神様への信仰に基づいて行われていた行事だと言われています。これらの神様は、その1年を司る神様です。この神様は神社のような宗教施設ではなく各々の家に訪れると理解されていたことから、神様をお迎えして食事を共にするしたりするために大晦日には自宅にこもると言うのが、昔からの一般的な風習のようです。その後、歳神様が家に来られると言う考え自体が希薄になったため、このような風習はほとんど姿を消してしまっています。

先にも述べたとおり、大晦日と言う記念日に対する意識は、日本では古くから根づいていました。ただその過ごし方は昔と今では大きく変化しています。現在では、この日であっても通常通り、仕事をしていると言う人もいますし、家にこもることなく外に出かけると言う人もいます。また来るべき新たな年を迎えるために、神社などに初もうでに出かける人もいます。特に神社に出かけることに関しては、関西の鉄道会社が正月三が日にはレジャー的な意味合いも含めて神社に出かけようと言う宣伝をうったことが全国に広がったことが、大きなきっかけになったと言われています。

最近の大晦日の特徴は、個人やライフスタイルによって過ごし方が多様化していると言う点です。そして近年、この日になると大きな話題になるのがスマホや携帯電話のネット回線が、一時的に非常に混雑すると言う事態の発生です。これは年明けと共に皆が一斉にSNSで挨拶をしたり、ラインなどでメッセージのやり取りを行ったりするためです。このような話題がのぼると、大晦日の過ごし方も、そしてそこで繰り広げられる風景もずいぶん変化したと理解することができます。ですが去る年に感謝をし、そして来る年の平穏を願い、新たな希望や目標などを祈ると言う人々の思いは、今も昔も変わらないはずです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう